【質問箱(Peing)】SNSなどで質問を送ってきた相手を特定する方法!

【質問箱】Peingで迷惑な質問が送られてきた場合の対処法

 「質問箱(Peing)」で迷惑行為を受けた場合や誹謗中傷を受けた場合の対処法を紹介しよう。また、あまりにもひどい迷惑行為や違法行為、誹謗中傷については個人で対処しようとは思わずに知人や警察、弁護士などへの相談も対処法の一つとして検討しようまた、匿名性を持ったサービスである以上、最も有効な対処法は公的機関などに協力してもらう対処法とも言える。難易度が高い対処法だが方法も限られているので、悩んでいる方はぜひこれらの対処法を参考にしてほしい。

・対処法【1】ブロックする

 「質問箱(Peing)」は匿名性だが実は、ブロック機能がある。「質問箱(Peing)」のブロック機能は特定のIPアドレスをブロックする方法だ。IPアドレス自体を特定することはできないが、質問してきたIPアドレスをブロックする事ができるので、特定の相手が使っているIPアドレスをブロックできれば誹謗中傷や迷惑行為の対処法として使える。
 しかし、特定のIPアドレスをブロックした場合解除機能はない。また、IPアドレスはWi-Fiにつないだりプロバイダや契約によっては、自動で変更されることもあるので万全ではない。
 また、特定のIPアドレスが学校や職場だった場合、その特定のIPアドレスを利用して接続しているすべてのユーザーからの「質問箱(Peing)」への質問をブロックしてしまう。学校などは内部ではそれぞれ端末ごとに割り当てられた特定のIPアドレスが利用されているが、Wi-Fiなどで集約されて最終的に外部からは一つのIPアドレスとしてみえることもあるのだ。

・対処法【2】警察相談窓口に相談する

 特定の相手からあまりにもひどい迷惑行為や誹謗中傷を受けた場合には、個人での対処を諦めて警察相談窓口などで、被害を相談してみよう。公的機関の力があればIPアドレスを特定したり、情報開示請求を行って迷惑行為・誹謗中傷を行っている相手を特定できるかもしれない。

【質問箱】Peingで誹謗中傷を受けたらどうすればいい?

 「質問箱(Peing)」であまりにもひどい誹謗中傷を受けた場合はどうすれば良いのか紹介しよう。前述したように「質問箱(Peing)」に質問を送った相手の特定は困難だ。特定にはかなりの労力と時間がかかる。しかし、悪いのは「質問箱(Peing)」で誹謗中傷を行っている相手である。その点については間違えないようにしておこう。

・運営に連絡し利用停止や情報開示請求を行う

 「質問箱(Peing)」に質問を送った相手のIPアドレスの特定など個人で行える特定方法には限界がある。しかし、「質問箱(Peing)」のサーバーには特定したい相手のIPアドレスが記録されているはずだ。そのため、一度「質問箱(Peing)」運営に連絡して特定相手の利用停止や情報開示請求を行ってみよう。
 もちろん、「質問箱(Peing)」運営側にも守秘義務があるので、個人が特定相手の情報開示請求を行っても開示してくれないだろう。その際には、第三者の力を借りよう。

・警察に通報する

 あまりにもひどい、名誉毀損とも取れるような誹謗中傷や脅迫を「質問箱(Peing)」で受けた際には、警察に通報してみよう。警察に通報することで、「質問箱(Peing)」で迷惑行為を行ったユーザーに捜査が入ったり、特定作業を行ってくれる可能性がある。

・弁護士に相談する

 「質問箱(Peing)」について、警察に相談しても取り合ってくれない場合や解決しない場合には、「質問箱(Peing)」について弁護士にも相談してみよう。弁護士であれば「質問箱(Peing)」のようなネット上のトラブルに強い弁護士もいるので、特定の手助けや解決までの道筋を教えてくれるだろう。

【質問箱(Peing)】SNSなどで質問を送ってきた相手を特定する方法!のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNSTwitter誹謗中傷質問箱】の最新ニュースをいち早くお届けします。