10月23日から予約開始の「もっとTokyo」と「GoToトラベル」を併用すればほぼタダで宿泊が可能に!

宿泊先だけを直接予約しても助成対象にはならない!

 国の「Go Toトラベル」と併用することで、とってもお得に都内旅行ができる東京都の「もっとTokyo」だが、いくつか注意したい部分もある。
 まず、「もっとTokyo」は東京都民が東京都内で旅行する場合のみが対象となる。そのため、東京都民以外には適用されず、東京都民であっても東京都以外に旅行した場合は対象とはならない。次に、対象となる旅行業者で申し込んだツアー(宿泊+交通費+食費)なら「もっとTokyo」単独でも6,000円以上なら助成対象となるが、直接、宿泊事業者(ホテルなど)で宿泊のみ予約した場合、GoTOトラベルと併用しないと助成対象にならないのだ。やはり、旅行会社や旅行予約サイトで「もっとTokyo」対象旅行に申し込んだほうが間違いないだろう。
 そして最後に「もっとTokyo」は2021年3月31日までの事業となっているが、予算は約22億円で40万泊分しか用意されていない。もたもたしていると予算が無くなって終了してしまう可能性があるので、早めに利用したほうがいいだろう。

(Image:goto.jata-net.or.jp)

国の「Go Toトラベル」では旅費の35%を割り引きしたうえに、15%の地域共通クーポンがもらえるようになっている。これと「もっとTokyo」の助成金を組み合わせると、かなりお得に旅行ができるはすだ

うまく利用すればほとんどタダで宿泊できることも!

 具体的な例で「もっとTokyo」を確認してみよう。Go Toトラベル併用時、1人1泊の最低旅費は9,000円となるが、Go Toトラベルで3,150円割引(35%)+「もっとTokyo」で定額5,000円が割り引きされ、自己負担額はたった850円となる。しかも、Go Toトラベルの地域共通クーポンも別に1,000円分もらえるので、差し引き150円ほど浮く計算になるのだ。もし、旅行予約サイトが独自にポイントを付与している場合は、実質的に儲かってしまう場合も考えられる。「トリキの錬金術」のようにはならないだろうが、うまく利用すればほとんどタダでホテルに泊まって、お小遣いまでもらえる可能性はある。
 いかがだろうか? 東京都民は、普段都内のホテルに泊まることはあまりないので、この際「Go Toトラベル」+「もっとTokyo」を利用して、豪華ホテルに宿泊して美味しいディナーを楽しんでみてもいいだろう。くれぐれも予約は早めに!

●東京都「「都内観光促進事業」(もっと楽しもう!TokyoTokyo)実施及び旅行業者等の公募のご案内(第891報)」(公式)は→こちら
●Go Toトラベル(公式)は→こちら
●もっと楽しもう!TokyoTokyo(公式)は→こちら
※サムネイル画像(Image:Benny Marty / Shutterstock.com)

文=藤原博文/フリーライター

関連記事

10月23日から予約開始の「もっとTokyo」と「GoToトラベル」を併用すればほぼタダで宿泊が可能に!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGo To キャンペーンGo To トラベル地域共通クーポンもっとTokyo】の最新ニュースをいち早くお届けします。