【画像付き】Slack(スラック)のログイン方法を解説!

テレワーク導入により「Slack」を初めて利用している方も多いだろう。IT業界では多くの企業で導入されてきた「Slack」だが、初めて「Slack」を触ろうと思うとログインの段階でつまずくことがある。今回はログイン方法を紹介しよう。

「Slack」とは?

(Image:rafapress / Shutterstock.com)

これまでほぼIT業界でのみ活躍してきた「Slack」。しかし、IT化、テレワーク導入に伴いこれまで「Slack」とは無縁だった企業や事業部でも「Slack」が導入され始めてきた。そもそも「Slack」とはどのようなツールなのか、いままでのメールとは何が違うのかしっかりと理解できているだろうか。はじめに「Slack」とは何か再確認しておこう。

・ビジネス向けコミュニケーションツールサービス

「Slack」とはビジネス用のチャットコミュニケーションツールだ。これまでのメールの場合、一人の受信ボックスに対して様々な案件のメールが届いていた。長期案件になって来ると、同じ案件にしても、これらからメッセージのやり取りの内容を把握することは難しくなってきた。

そこで登場したのが「Slack」だ。「Slack」では、一つの案件やプロジェクトに対してスレッドと呼ばれる専用のワークスペースを作成できる。また、「Slack」のワークスペースでは過去の会話を簡単に遡って閲覧することができるのだ。

この機能の有効性から、これまで「Slack」はオンライン連絡が多いIT業界で多く活用されてきた。しかし、近年のIT化やテレワーク導入の流れにより「Slack」はIT業界に限らず様々な業界・業種でも活用されるようになってきたのだ。

今までメールでやり取りしていた人がいきなり「Slack」を触ると、ワークスペースの概念や「Slack」へのログイン・サインイン方法で戸惑ってしまう場面が多々ある。そこで今回は、最低限「Slack」へのログイン・サインイン方法だけはマスターしておこう。ログイン・サインインさえできてしまえば、ログイン・サインイン後のチャット画面である程度、メッセージのやり取りはできるだろう。

【画像付き】「Slack」のログイン方法

「Slack」のログイン方法を紹介する。「Slack」では各案件やプロジェクト毎に用意されるワークスペース毎にログインを行う必要がある。「Slack」を導入後、初めて「Slack」で連絡を取るときには通常管理者がワークスペースを作成して、そこに参加者がログインしていくのが普通だ。そこで本項では、「Slack」を使う上で最も基本となるすでに作成された「Slack」ワークスペースにログインする方法を紹介しよう。

・ワークスペースURLからサインインする

「Slack」のワークスペースにはワークスペース毎に専用のURLが発行される。このURLを利用して参加者はワークスペースにログインするのだ。通常、「Slack」のワークスペースURLはメールで送られて来る場合が多い。ワークスペースのURLがわからない場合やまだもらっていない場合には、管理者に「Slack」のワークスペースURLを教えてもらおう。

「Slack」のURLが送られてくると、招待されたワークスペースの名前と招待した人の名前が表示されたメールが届く。「今すぐ参加」をクリックすると「Slack」にログインすることができるので、URLが届いたら「今すぐ参加」から指定のIDや作成したIDで「Slack」にログインしよう

ワークスペースURLがわからずログインできない場合は?

「Slack」初心者のかたが困りがちなポイントとして、一度は「Slack」にログインできても、後日再度おなじワークスペースにログインしようと思った時に、ワークスペースURLをなくしてしまいログインできなくなるというトラブルがある。

実は、「Slack」は一度ログインできたワークスペースについては、ログインしたメールアドレスでユーザーが登録されているため、ワークスペースを検索することができる。これから、「Slack」のワークスペースURLが分からなくなってしまった時の検索方法を紹介するので参考にしてほしい。

なお、無事に「Slack」のワークスペースが見つかりログインできた場合は、次回以降は検索をする必要がないように、ワークスペースをブラウザのお気に入りに登録しておくことをおすすめする。

・「ワークスペースを検索する」に登録したメールアドレスを入力する

「Slack」のワークスペースURLが分からなくなってしまった時には、「Slack」に登録したメールアドレスからワークスペースを検索してみよう。検索は「Slack」のワークスペースへのログイン・サインイン画面から行うことができる。

検索を行う際には、「Slack」のワークスペースへのログイン・サインイン画面下部に表示されている、「ワークスペースのURLがわからない?」の項目横にある「ワークスペースを見つける」というボタンをクリックしよう。ワークスペースを見つけるでは、メールアドレスを入力して、ワークスペースを見つけることができる

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【画像付き】Slack(スラック)のログイン方法を解説!のページです。オトナライフは、【アプリ在宅勤務テレワークSlack】の最新ニュースをいち早くお届けします。