一番決済速度が早かったキャッシュレスは○○と判明! QRコード、クレカ、非接触型

今や常識となった“キャッシュレス決済”。一昔前まで「怖い」「難しそう」といったイメージから敬遠されていたが、近年のキャッシュバックやポイント付与キャンペーンが後押しして利用率は一気に増加。デジタル世代で現金主義を貫く人はもはや希少種となった。それもそのはず、キャッシュレス決済はいいことづくしだ。財布が軽い、ポイントが貯まる、さまざまな利点があるが、何といってもわかりやすいのは“速さ”だろう。会計の際に小銭を選ぶのは思ったよりも時間がかかるし、なにより背中を丸めて財布をのぞき込む姿はスマートとは言い難い。サッと出して、パッと払えることが何よりの利点だろう。
では、そのキャッシュレス決済最大の利点・速さを最大限に活かす決済方法は何なのだろうか。今回は代表的なキャッシュレス決済として知られるQRコード、クレジットカード、非接触型の3種類の決済速度について紹介していく。

現金とキャッシュレス、決済速度の差は最大20

なんとなく「速い」というイメージのあるキャッシュレスだが…

 クレジットカード大手・株式会社ジェーシービーは、キャッシュレスの決済速度に関する実証実験を実施。被験者100人を、「現金決済」「QRコード決済」「クレジットカード決済」「非接触型決済(QuickPay)」の4グループに分割し、金額を聞いてから商品・レシートを受け取るまでの所要時間を計測した。
実験結果は以下の通りだ。

【各決済方法の所要時間】
現金:28秒
QRコード:17秒
クレジットカード:12秒
非接触型:8秒
(キャッシュレス決済平均:12秒)

 所要時間は、現金決済が28秒だったのに対し、キャッシュレス決済の平均は約12秒。やはり現金よりもキャッシュレスの方が16秒も速く会計を済ませられることがわかった。なかでも、非接触型はたったの8秒で会計を済ませることができ、現金との差は実に20秒。今回はQUICPayを使用しての実験となったが、モバイルSuicaやiD、楽天Edyなどもこれに該当する。キャッシュバックなどのサービス内容で言えば他に劣る面もあれど、速さだけを見れば圧倒的だ。「とにかく速く済ませたい」と考える人には、うってつけの決済方法だろう。キャッシュレス決済について、なんとなく「速い」という認識はあったが、具体的な数字を見ると改めてその利点に気が付く。

一番決済速度が早かったキャッシュレスは○○と判明! QRコード、クレカ、非接触型のページです。オトナライフは、【マネーJCBQRコード決済キャッシュレスクレカ非接触型スマホ決済】の最新ニュースをいち早くお届けします。