【Windows 10】クリップボードの履歴を削除・一括クリアする方法!

PCを利用していると普段から「コピペ」を活用する場面は多くある。この場合、コピーしたデータはクリップボードに保存されるわけだが、クリップボードの履歴を削除しているだろうか。クリップボードの履歴を削除する方法を紹介するので一度、削除方法を確認しておこう。

コピーしたデータが保存されるクリップボードの履歴を消したい

 パソコンを利用する上で欠かすことができない操作・機能の一つに「コピーアンドペースト」いわゆる「コピペ」がある。コピペではテキストや画像データなど様々なデータを一気にコピーしてOfficeなどに貼り付けることができる。
 この時コピーしたデータは「クリップボード」に保存されるが、「クリップボード」を知っているだろうか。クリップボードとは、一時的にコピーしたデータが保存されている空間のことだ。クリップボードのデータは、ドキュメントのように直接見たりデータを使ったりはできないが、Officeなどの対応したソフト上に貼り付けすることができる。
 コピペといえば、直前にコピーしたデータのみがクリップボードに残っていると思われがちだが、実はクリップボードには直前にコピーしたデータだけでなく過去にコピーしたデータの履歴が残っている。普段、パソコンを利用する上でクリップボードの履歴を気にすることはないが、クリップボードにコピーしたデータの履歴が残っていることを知っている人が、そのパソコンを利用するとクリップボードの履歴からデータが流出してしまう可能性もある。
 また、Windows 10の最近のアップデートではクリップボード内の履歴を「Windows」キー+「V」で閲覧して貼り付けすることができるようになった。そのため、ますますクリップボードの履歴を目にすることが簡単になり、クリップボードの履歴による情報流出に注意が必要になってきた。クリップボードの履歴についてはじめて耳にした方は、一度Officeなどで「Windows」キー+「V」で貼り付けを行ってほしい。かなり前までのクリップボードの履歴が残っていることがわかるだろう。
 そこで今回は、クリップボードの履歴に残ってしまったコピーしたデータを削除・クリアする方法を紹介する。クリップボードの履歴を削除・クリアせずにそのままにしておくと、思わぬ情報漏えいに繋がることがあるので、特に同じパソコンを複数人で共有している方は、自分の利用が終わったあとには必ずクリップボードの履歴を削除・クリアするように心がけておこう。
 なお、クリップボードのデータはアプリケーションを限定せずに、全てのアプリケーションからアクセスできるので、例えばOfficeでコピーしたデータがあった場合には別のアプリケーション上で貼り付けができ、Officeで削除したクリップボードのデータはすべてのアプリケーションで利用できなることを覚えておこう。また、クリップボードの容量は小さいのである一定数のデータが蓄積された場合には、古いデータから順に削除されていく。

【Windows 10】クリップボードの履歴を削除・一括クリアする方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelOfficeWindows 10wordクリップボードノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。