“独身貴族”ふたたび? “現代に欠かせない”スマホの買い換え事情が判明

あなたはどれくらいの期間でスマホを買い換えているだろうか?ITやテクノロジーが日進月歩で進化を続けていく現代、スマホも年を追うごとに高性能・多機能になり続けている。新機種が登場するたびに「便利そうだな。欲しいな」とは思うものの様々な理由で買い換えずにいる読者も多いことだろう。
今回は、変わりゆく携帯電話の機種変事情をお届けしていく。

バッテリーの長寿命化で買い換え頻度が減?

ガラケーからスマホへの進化は、体験した世代にとって衝撃だった

 15~20年前のフィーチャーフォン(ガラケー)の時代、今と比べて本体価格が高くなかった頃は毎年のように機種変をするユーザーも少なくなかった。もしあなたが30~40代であればちょうど学生時代にあたり、周囲で最新機種を持つ友人をうらやんだ経験をお持ちだったりするのではないだろうか。
 しかしスマホが登場しだすと買い換え事情は一変する。携帯電話が“ポケットに入るPC”と言っても過言ではないほどの性能を持つようになり、製造コストが上がったことで本体価格も一気に上昇。現在では10万円を超える機種も現れるようになってきた。そのため以前ほど頻繁に買い換える人は減少してきている。

 内閣府が発表している「消費動向調査」によれば、二人以上世帯での携帯電話買い換え年数は2020年には4.9年を記録。スマホが普及するようになって最長を更新した。登場直後には「1~2年でバッテリーがもたなくなる」などの不満も出ていたスマホだが、近年の技術革新でバッテリーの寿命も長寿化した結果、長く使い続ける人が増えたとも推測できる。

“独身貴族”ふたたび? “現代に欠かせない”スマホの買い換え事情が判明のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneQRコード決済ガラケースマホ総務省】の最新ニュースをいち早くお届けします。