○○頼りの現実! 全国調査でICカード(Suica・PASMO)決済の弱点が露呈

現在、国をあげて普及に取り組んでいるキャッシュレス決済。2018年頃から一気に存在感を増したQRコード決済をはじめ、全国への浸透が進んでいる状況だ。しかしQRコード決済の台頭によって存在感が薄まっているのが、「Suica」などのICカードによる電子マネーでの決済である。
今回は、ICカード決済が抱える弱点や、今後の展望についてお伝えしていきたい。

急成長中のQRコードに逆転されたICカード

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

今ではQRコード決済のほうが主流のように掲載されている

 2019年10月に始まった「キャッシュレス・消費者還元事業」などもあり、日本国内でも急速に進むキャッシュレス決済の普及。そんな中、世間に広く周知されるようになったのがQRコード決済だった。「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」など、大々的な還元キャンペーンや印象的なテレビCMをバンバン打ってそのおトクさを世間にアピールした努力の産物と言えるだろう。
 その先行投資が実り、ユーザー数も急増。NECソリューションイノベータが2020年7月に実施した調査でも、43.4%が「QRコード決済を利用している」と回答し、1年前の同調査の18.7%から大幅な躍進となった。

 一方で、これまでクレジットカード決済に次ぐ利用率を誇っていたSuicaやnanacoといったICカード決済は、2020年の調査で利用率41.7%とQRコード決済に2位の座を明け渡す結果に。前年から微減しているものの現状維持と言ってもいいレベルだったため、いかにQRコード決済の成長が著しかったかが強調された。

○○頼りの現実! 全国調査でICカード(Suica・PASMO)決済の弱点が露呈のページです。オトナライフは、【マネーICカードnanacoNECソリューションイノベータPASMOQRコード決済SuicaキャッシュレスモバイルPASMOモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。