【Windows 10】ファイルの拡張子を表示させたり、変更したりする方法

ファイル名を変更する方法

 ファイル名の変更方法を紹介しよう。ファイル名は拡張子の変更方法がわかっている方であれば説明不要で変更できる操作だが念の為確認しておこう。

・「ドキュメント」のフォルダを開く

 はじめに、「ドキュメント」などファイルが保存されているフォルダを開く。多くのソフトでデフォルトのファイル保存先は「ドキュメント」になっているが、実際の運用面でみると、すべて「ドキュメント」に入れておくと煩雑になるので、「ドキュメント」内でフォルダ分けしたり、別の場所にファイルを保存しておく癖をつけると良い。

・ショートカットメニューから「名前の変更」を選択する

 拡張子のときと同様に、目的のファイルを見つけたらファイルを選択してからリボンメニューにある「名前の変更」をクリックしよう。

・ファイル名を変更し「Enter」を押す

 ファイル名の変更時には、「Enter」を押すと変更が確定してしまう。そのため、ファイル名の入力中は「Enter」を押してはいけない。なお、ファイル名は改行不可のため「Enter」で改行を行おうと思っている方は注意が必要だ。

拡張子/ファイル名を変更する時の注意点

 拡張子やファイル名を変更する方法を紹介した。拡張子やファイル名の変更はパソコンを利用していると頻繁に行う作業だ。しかし、特に拡張子の変更時には注意が必要である。

・拡張子を変更することでファイルが正常に開かなくなることがある

 パソコンは拡張子を元にして、そのファイルをどのソフトで開くかを決めている。そのため、本来設定されていた拡張子を変更してしまうと、ファイルをダブルクリックで開こうとした時にソフトが見つからずに開けなくなったり、関係のない別のソフトで開いてしまい、正常にファイルを開けない可能性があるのだ。

拡張子を変更した際には、警告が表示される。本当に拡張子を変更していいのか再考してみよう

・目的に合った拡張子の形式で保存する

 基本的に拡張子はファイルの種類や構造に合わせて、ソフト側が自動で決定するものだ。手動でも変更できるが、拡張子を変更する際にはそのファイルの種類や構造など目的に合ったものに変更するようにしよう。

【Windows 10】ファイルの拡張子を表示させたり、変更したりする方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10ドキュメント拡張子設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。