【Windows 10】パソコンのCPU温度を手っ取り早く確認する方法!

【Windows 10】CPUの温度の手っ取り早い確認方法(コマンドプロンプト)

 CPUの温度を確認する方法として、コマンドプロンプトを使う方法がある。前述の方法では、パフォーマンスモニターからCPUの温度センサーの値を取得したが、実はコマンドプロンプトからもこの値を取得することができるのだ。
 なお、コマンドプロンプトでは取得した値(ケルビン)は10倍された値になっている。つまり、これを摂氏に直すには、画面に表示された値を10で除してから273を引けばよい。よって、コマンドプロンプトで取得したCPUの温度は「取得した値 / 10 -273」で摂氏に変換できる。

CPUの温度を取得するには、コマンドプロンプトを管理者権限で実行しなければいけない。コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」から実行しよう

コマンドプロンプトを起動したら「wmic /namespace:\\root\wmi PATH MSAcpi_ThermalZoneTemperature get CurrentTemperature」というコマンドを投入しよう。これで温度が取得できる

【Windows 10】CPUの温度の手っ取り早い確認方法(フリーソフト)

 これまでは、CPUの温度を確認する方法としてパフォーマンスモニターやコマンドプロンプトなど、Windowsにはじめからある機能を利用してきた。しかし、どちらの方法も値がケルビンで表示されるなど少々面倒な部分もある。そこで、ハードウェアの状態を画面表示で確認可能なフリーソフトを紹介しよう。これから紹介するフリーソフトを利用すれば、CPUの温度やその他様々なハードウェアの状態を画面表示することができる。

・フリーソフト「HWMonitor」を使う場合

 「HWMonitor」はCPUの温度をはじめ、電圧や通信速度など様々なハードウェアに起因するセンサーの値を監視することができるツールだ。

CPU以外にも様々なハードウェアの状態を把握できる

・フリーソフト「Core Temp」を使う場合

 「Core Temp」はCPUの温度や使用率、型番などPCに搭載されているCPUの様々な情報を画面表示することができるフリーソフトだ。

CPUの詳細な情報が確認可能だ

【Windows 10】パソコンのCPU温度を手っ取り早く確認する方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCore TempCPUCPU温度HWMonitorWindows 10ケルビンノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。