若者はおトクを求めない? スマホ決済サービスの利用傾向から見えてきたこと

現在、国をあげて普及に取り組んでいることもあり、都会から地方までユーザーが急増しているキャッシュレス決済。しかし、各サービスとも老若男女問わずまんべんなく使われているわけではなく、年齢ごとに傾向が存在することがわかった。
今回は、若年層が利用するキャッシュレス決済の特徴についてご紹介していく。

全年代から支持されるPayPayはもはや規格外

スマホ決済業界はここ数年“乱立”と言って差し支えない勢いで増えていった

 NECソリューションイノベータが2020年7月に実施した調査「2020年版 一般消費者におけるキャッシュレス利用実態調査レポート」によれば、キャッシュレス化は順調に進んでいることがわかった。1年前の2019年7月に行われた同調査と比較して、現金決済をメインで利用する人が減少し、キャッシュレス決済の利用率はどの決済方法も軒並み上昇している。中でも「PayPay」などのQRコード決済を「最もよく利用している決済」であると回答した割合が10.0%となり、2019年の2.4%から大幅に増加。1年あまりのうちにQRコード決済の存在感が一気に増したことが、改めて証明された。
 この調査ではさらに、QRコード型やタッチ型などのスマホを利用した決済サービスの利用度等を深堀りしている。多数のサービスがある中で圧倒的なシェアを誇るのは、やはりPayPayだ。利用率は回答者の65.5%にのぼり、1年前の40.2%から25ポイント以上アップして、ついに大台の50%を突破した。「最もよく利用している」というユーザーも44.8%と他サービスを圧倒しており、大々的な還元キャンペーンや利用可能店舗数の多さといった強みを活かしてQRコード決済界の“絶対王者”となっていることがわかる。

若者はおトクを求めない? スマホ決済サービスの利用傾向から見えてきたことのページです。オトナライフは、【マネーLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレススマホ決済メルペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。