あなたのSuicaが若返る!? かすれた文字を劇的に復活させる方法

 あなたが持っている交通系ICカードは、いつごろから使っているものだろうか。筆者の「Suica」は高校生の頃から定期として利用しており、過去の定期区間がうっすら見えたり印字もかすれたりと、見るからに“年代モノ”なビジュアルだ。しかし実はSuicaをはじめとしたICカードは、キレイな印字を復活させられることをご存知だろうか。
 今回は、ICカードの印字を復活させる方法や、印字の原理をご紹介したい。

使っているうちにかすれてしまうSuicaの印字

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

近年は電子マネーとしても一般的となり、交通系ICカードの出番が増えた

 JR東日本がSuicaを導入して以来、交通系ICカードは「かざすだけでOKの便利な定期券」としての地位を確立している。関東の電車・バスにも乗れる「PASMO」や、関西の「ICOCA」など、現在では全国に“ご当地ICカード”が存在する。さらに近年はキャッシュレス決済の決済手段のひとつとしても広く認知され、関東エリアを中心に多くの人に利用されている。
 しかしこれまで定期券としての利用が主だったICカードが、決済としての役目も持ったことで出番が増加。利用頻度が増えるとともに表面を見る回数も増え、かすれた文字が気になってしまっている人もいるのではないかと思う。
 この文字のかすれは、SuicaなどICカードの印字方法によるものだ。これはカードの表面に専用の塗料が塗られた「ロイコ方式」と呼ばれるもので、熱を加えると消去・印字が行われる仕組みとなっている。しかし塗料の効果が弱まってきたり、印字作業で熱をうまく加えきれなかった場合に文字がかすれてしまうという。

あなたのSuicaが若返る!? かすれた文字を劇的に復活させる方法のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフICカードPASMOSuicaキャッシュレス電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。