プレイステーション(PlayStation)エミュレータ「ePSXe」の使い方を解説!

【PSエミュレータ】「ePSXe」の使い方(各種設定)

 「ePSXe」の使い方として、次はコントローラーの設定を見ていこう。いよいよゲームの操作に直結する使い方になってくるので、しっかりと確認しておきたい。

・コントローラーの設定

 「ePSXe」ではキーボードのショートカットキー入力による操作も可能だが、やはり実際のPSコントローラーを使うのが最も効率的で、ゲームを楽しむことができる。「ePSXe」では現物のPSと同様に4台までのコントローラーを利用することができるので、マルチプレイなども楽しむことができる。

コントローラーを設定するには、「ePSXe」の「設定」→「ゲームパッド」→「ポート」の順に進み、接続中のコントローラーを指定しよう。設定では、コントローラーにマルチタップや連射機能をつけることができる

・グラフィックの設定

 「ePSXe」の便利な使い方として、現物PSよりも高画質にゲームを楽しむという使い方がある。これは、「ePSXe」のグラフィック設定でゲームを拡大表示する使い方だ。各種補間が利用でき、高画質プレイが可能だ。

「ePSXe」のグラフィック設定を行うには、「ePSXe」を起動して「設定」→「グラフィック設定」から設定に入る。特に、高画質プレイの使い方で「ePSXe」を活用する場合には、内部解像度や明るさ設定、引き伸ばしモードを試してみよう

・サウンド・オーディオの設定

 「ePSXe」のサウンド・オーディオ設定ではサウンドの遅延やエフェクトを追加することができる。

「ePSXe」を起動して「設定」→「サウンド・オーディオ」に進み、遅延やエフェクトを指定しよう

・セーブデータの管理

 「ePSXe」ではセーブデータをPCのディスクに保存できる。メモリカード設定では保存先やメモリカードスロットを指定する。

「ePSXe」を起動して「設定」→「メモリカード」に進み保存先やスロットを設定しよう

【PSエミュレータ】「ePSXe」で使えるショートカットキーの一覧

 「ePSXe」では、操作にショートカットキーが使用可能だ。「ePSXe」で利用可能なキーを紹介しよう。クイックセーブ関係のショートカットキーでは、「F1キー」はクイックセーブ機能が利用できる。「F2キー」はクイックセーブ先のスロット切り替え、「F3キー」はクイックセーブの読み込みが行える。
 また、「F4キー」では高速化・低速化、「F5キー」ではアナログ入力機能の有無、「F6キー」ではアナログスティックの有無、「F7キー」ではグラフィック設定、「F8キー」ではスクショ撮影を行うことができる。

プレイステーション(PlayStation)エミュレータ「ePSXe」の使い方を解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフePSXePlayStationエミュレータ】の最新ニュースをいち早くお届けします。