あなたは何歳で持った? “クレカデビュー”の次に待っている大人のへ階段とは

あなたは何歳で“クレジットカードデビュー”を果たしただろうか。基本的に18歳から作れるようになるため、大学進学を機に親から渡されたり自分の就職祝いで作ったりした人も少なくないだろう。しかし実は、若者の契約数が他世代に比べて低い傾向があるのだ。“若者のクレジットカード離れ”を起こしているのだろうか…。
今回は、クレジットカードの調査結果から、若者と上の世代でのクレジットカードとの向き合い方を探っていきたい。

40歳以下は全体のわずか25%

ネットショッピングでも簡単に使えるクレジットカード決済は便利の一言だ

 日本クレジット協会が発表した2019年版「日本のクレジット統計」によれば、2019年12月のクレジットカード契約数は2億6300万枚だった。これは前年に比べて2.5%増加した数字で、ここ10年ほどでは最も多い契約数となっている。
 さらに2億6300万枚のカードを契約している契約者の年齢を確認してみると、31~40歳が全体のうち15.0%なのに対し、41~50歳が22.0%、51~60歳が21.5%。40歳を境に“大人”ほど契約している様子が伺える。まさに「クレジットカードは大人の証」といった雰囲気だ。
 一方で40歳より下を見てみると、30代の15.0%をさらに下回り、23~30歳が8.6%、それ以下の年齢では1.7%という数値だ。18~40歳という広い幅を持ちながら、全体の25%しか占めることができていないのだ。

あなたは何歳で持った? “クレカデビュー”の次に待っている大人のへ階段とはのページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスクレカ日本クレジット協会】の最新ニュースをいち早くお届けします。