【Twitter】フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法!

Twitterは気軽にツイートできることが魅力だ。しかし、昔の自分のツイートを振り返ってみたいことはないだろうか。そこで役立つのがフリカエッター(Frikaetter)だ。無料で利用できるフリカエッター(Frikaetter)について紹介しよう。

フリカエッター(Frikaetter)とは?

(Image:frikaetter.com/)

 フリカエッター(Frikaetter)というTwitterの便利サービスかご存知だろうか?はじめに、Twitter便利サービス、フリカエッター(Frikaetter)について紹介するので、初めてフリカエッター(Frikaetter)を耳にした方は参考にしてほしい。

・過去のツイートを閲覧できるTwitter連動サービス

 フリカエッター(Frikaetter)とは、Twitter上の自分が行った過去のツイートを閲覧することができるサービスだ。Twitterを長年利用していると、過去のツイートを振り返ってみたくなることがある。Twitterの公式サイトでもある程度は、自分が行った過去のツイートを振り返ることができるが、多くなってくるとそれも厳しくなってくる。そのようなときに活用したいサービスがフリカエッター(Frikaetter)だ。
 フリカエッター(Frikaetter)を使えば、簡単に過去のツイートを閲覧することができる。フリカエッター(Frikaetter)は2015年頃からサービスが継続されているため、ユーザー数もかなり多く好評だ。自分のツイートを振り返ってみたい方は、一度フリカエッター(Frikaetter)を試してみよう。

フリカエッター(Frikaetter)を使うメリットは?

(Image:Nopparat Khokthong / Shutterstock.com)

 Twitterで自分のツイートはフリカエッター(Frikaetter)を使わなくても確認することができる。しかし、長年Twitterを利用していると投稿数が数千件、数万件と膨大な数になっている方も多い。その場合、公式Twitterでは途中までしか過去のツイートを確認することができない。しかし、フリカエッター(Frikaetter)を使えば3200もの過去のツイートを遡ることが可能だ。通常、公式Twitterでは1000件前のツイートを確認しようとしただけでもかなり画面をスクロールする必要があり、時間もそれなりにかかる。フリカエッター(Frikaetter)を使えばそのような労力は不要だ。

【Twitter】フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法!のページです。オトナライフは、【SNSFrikaetterTwitterツイート】の最新ニュースをいち早くお届けします。