「若者のゲーム離れ」は嘘? 本当? 台頭してきた○○の存在

「若者の○○離れ」というワードが、何かにつけてマスコミなどで取り上げられているのをご存知の方も多いだろう。「若者のゲーム離れ」もたびたび耳にする話題のひとつ。30代の筆者などは、子どもの頃は親に叱られるまで自宅でゲームに熱中していたため「離れられるなんて現代の子どもは自制心がすごいな…」と感心してしまうほどだ。
今回は、調査結果をもとにゲームと高校生の関係性を見ていきたい。

高校生の間でも“あつ森”は人気

(Image:vsop / Shutterstock.com)

“ファミコン”の愛称でも知られる家庭用ゲーム機の元祖「ファミリーコンピューター」

 「LINEリサーチ」が高校1~3年生の男女を対象として2020年9月に実施した調査によれば、自宅にゲーム機を所持している高校生はおよそ80%だったという。中でもよく持っている機種は、ニンテンドー3DSやWii、Nintendo Switchといった任天堂のハードが上位を独占。任天堂とソニーが覇を競っていた2000年代に高校・大学時代を過ごしていた人間としては少し悲しいものがある。
 よくプレイされているゲームは男女とも「あつまれ どうぶつの森」が1位に。とくに女子では回答者の43.2%がプレイしているといい、「社会現象化した」とまで言われる“あつ森”の圧倒的な人気が改めて証明された。

「若者のゲーム離れ」は嘘? 本当? 台頭してきた○○の存在のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフLINEリサーチあつ森ファミコン任天堂】の最新ニュースをいち早くお届けします。