ローソンの「dカード割引」が終了…次に特典がつくのは何の決済サービス?

決済サービスの使い方次第で、様々なものを実質的に定価よりも安く買える時代となった。コンビニエンスストアも例外ではなく、各社が何かしらの決済サービスと連携して割引特典を提示している。
そんな中、ローソンで2015年に始まったdカード払いの割引特典が、2020年11月30日をもって終了することが発表された。dカードは、NTTドコモが運営するクレジットカードサービスで、ローソンでの支払いで利用すると購入額の3%が引き落とし時に割り引かれる仕組みとなっていた。dカードと歩んだ5年に幕を閉じたローソン、次は何の決済サービスと連携するのだろうか。

ローソンでお得な決済サービス、dカードからau PAYへ

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

2016年にスリーエフとの合弁会社となったローソン

 そもそも、ローソンとドコモが連携をとりはじめたのは、2006年、ドコモがローソンの発行済み株式の2.0%を取得した時のこと。当時「おサイフケータイ」の普及に注力していたドコモは、キャッシュレス決済サービス「iD」をローソンの全店舗に導入するために株式を取得した。
しかし、2020年10月29日現在、dカードの公式サイトには以下の文言が掲示されている。

『2020年11月30日(月)のご利用分をもちまして、ローソン・ローソンストア100における、dカード・DCMXカード・dカードプリペイドでお支払い時の3%割引特典を終了させていただきます。』

 この背景には、2019年12月に、KDDIとローソンが資本業務提携を結んだことがある。KDDIは、ローソンの発行済み株式の2.1%を取得。同時に、ローソンなどで利用できる「Ponta(ポンタ)」の運営会社・ロイヤリティマーケティングの株式の20%を取得し、翌年に「au WALLETポイント」をPontaに統合した。そして現在、「au PAY生活応援企画」と題して、ローソンでQRコード決済の「au PAY」を利用して買い物をすると、購入金額の3%が還元されるキャンペーンを実施している。つまり、ローソンでお得な決済サービスは、dカードからau PAYへと移り変わったのだ。

ローソンの「dカード割引」が終了…次に特典がつくのは何の決済サービス?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYdカードd払いQRコード決済キャッシュレスファミリーマートローソン】の最新ニュースをいち早くお届けします。