あなたも経験あり? 成年男子のスマホアプリ課金経験は○割以上だった!

現代の生活に無くてはならないスマートフォン。とくにビジネスパーソンにとっては、出先でもメールをやりとりしたり得意先に急ぎの電話を入れたりと、日々大いに役立っていることだろう。そんなスマホはビジネスシーンだけでなく、プライベートでも大いに利用されている。
今回は、スマホのプライベートでの利用シーンやその傾向についてお伝えしたい。

スマホの利用時間は年齢とともに減少傾向に

社会人もスマホは頻繁に利用する

 通勤電車の中や休憩中、さらには自宅でも触れる機会が多いであろうスマホアプリ。リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した男女と15~19歳、20~24歳、25~29歳、30代以上という性別・年齢区分による「スマートフォンの利用実態調査」によると、男女とも若者ほど長時間の利用割合が高まる結果となった。男性であれば15~19歳の回答者では「1日の利用時間が5時間超」の割合が58.0%だったのに対し、20~24歳は47.0%、25~29歳になると36.0%と、明確に減少傾向を示している。これは学生からビジネスパーソンとして社会に出たことで拘束時間が増えたため、スマホを触る時間が減っているのではないかと推察できる。

 また、「男性30代以上」以外の区分全てで、「LINE」「Instagram」「YouTube」「Twitter」の4アプリが利用頻度上位4つを独占。主要なコミュニケーションツールは性別・年代を問わず共通していることが明らかとなった。特にLINEの利用率は全体でも46.0%と半数近くが利用しており、20%台の他の3ツールを圧倒していた。

あなたも経験あり? 成年男子のスマホアプリ課金経験は○割以上だった!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAndroidApp StoreGoogle PlayiPhoneSNSアプリスマホ課金通勤電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。