【最新版】実際に、詐欺メール「Apple IDがロックされています」を最後までやってみた!

ある日突然「あなたのApple IDがロックされています」というメールが届いたことはないだろうか? 本当にロックされている可能性もゼロではないが、実はこれ、ほとんどが詐欺メールなのだ。そこで今回は、実際に筆者のところに届いたAppleを騙る詐欺メールを最後までやってみたぞ! 本物そっくりのフィッシング詐欺サイトに誘導されて、個人情報をごっそり盗まれるので十分気を付けよう。

「Apple IDがロックされています」メールはほぼ詐欺!

 アナタのところに「あなたのApple IDがロックされています」というメールが届いたことはないだろうか? iPhoneやiPad、iMacなどのApple社製品を利用している人なら「Apple ID」を所有していると思うので、“自分のApple IDが不正利用されたのか?”と慌ててしまう人も多いだろう。だが、実はこれ、ほとんどが詐欺メールなのである。
 筆者のところにもAppleを騙る詐欺メールは毎日のように届くが、今回の詐欺メールは「【お知らせ】ご利用のApple IDがブラウザ上のApple Storeへのサインインに使用されました。」である。メールの内容は「別の端末からログインされた可能性があるのでアカウントをロックしている。一週間待つがそれ以降は永久にあなたのアカウントが無効になる」というものだ。最近は「Chrome」がこのような詐欺メールのURLリンクを押しても、赤い画面で警告してくることが多いので、引っかかる人はほとんどいないだろうが、年々、ハッカーたちの手口も巧妙になっているので十分気を付けてほしい。そこで、今回はAppleを騙る詐欺メールを最後までやって、フィッシング詐欺メールがどのようなものなのか、その実態を探ってみたいと思う。

■詐欺メールのタイトル例
・あなたのApple IDはロックされています。
・ご利用のApple IDがロックされています。
・Apple ID情報が更新されました。
・Apple IDのパスワードがリセットされました。
・Apple IDのアカウントを回復してください。
・あなたのアカウントは閉鎖されます。
・セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。
・ご利用のApple IDのパスワードがリセットされました。

これが筆者のところに届いた詐欺メール。まず送信者のメールアドレスが明らかに怪しい。本物なら「apple.com」や「iCloud.com」などが含まれるはず。文面のURLリンク「Apple IDを管理」は絶対に押してはいけないぞ!

URLリンクを押してしまうと「Chrome」が詐欺メールだと判断して赤い警告画面が表示されるので、ここから先に進む人はいないだろう。ちなみに、リンク先のURL部分に「危険」と表示されており本物の「Apple id」ではないことが確認できる

【最新版】実際に、詐欺メール「Apple IDがロックされています」を最後までやってみた!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフApple IDChromeフィッシング詐欺詐欺詐欺メール】の最新ニュースをいち早くお届けします。