【最新版】実際に、詐欺メール「Apple IDがロックされています」を最後までやってみた!

個人情報やクレカ情報をごっそり盗まれる恐ろしい手口!

 フィッシング詐欺の実態を確認するために「Chrome」の赤い警告画面を無視して先に進めると、本物そっくりの「Apple ID」画面が表示された。URLを確認しないと本物だと思ってしまうだろう。ちなみに、本物のURLは「appleid.apple.com」である。適当なIDとパスワードを入力してログインすると住所、氏名、生年月日、電話番号といった個人情報を入力させられる。さらにクレジットカード番号やセキュリティコードなども入力させられるが、そもそもApple IDは無料で取得できるのでクレカ情報など必要ないはずだ。とくに注意したいのが、ネット通販などで必要になるクレカのパスワード。これを入力してしまうと、高額なデジカメやゲーム機などを勝手に購入されてしまうので、被害額は相当なものになるだろう。
 なお、個人情報とクレカ情報を入力し終わると、自動的に本物のApple ID画面が表示されるようになっていた。これではフィッシング詐欺に遭ったことすら気付かないだろう。ああ、恐ろしい……。

これがフィッシング詐欺サイトである。本物そっくりなので慌てているときは騙されそうになるが、よく見るとURLがデタラメなのが確認できる。適当なIDとパスワードを入力して先に進めてみよう

「このApple IDはセキュリティ上の理由でロックされています。」と、一瞬だけ表示されて次の画面に切り変わった

「アカウントの確認」画面では住所、氏名、生年月日、電話番号を入力させられる。ここで個人情報をごっそり盗まれてしまう!

続いてクレジットカード番号やセキュリティコードなどを入力させられる。そもそもApple IDは無料で取得できるので、クレカ情報など必要ないはずだ

さらに、ネット通販などで必要になるクレカのパスワードを入力させられる。これを盗まれると、高額なデジカメやゲーム機などを勝手に購入されてしまうのだ!

「アカウントの確認を完了」と表示されたときは、すでに個人情報とクレカ番号をごっそり盗まれている

最後は自動的に本物のApple ID画面が表示された。これだと、フィッシング詐欺に遭ったことすら気が付ないはず……

フィッシング詐欺に遭わないためにはどうすればいい?

 いかがだろうか? もし「Chrome」の赤い警告画面が出なければ、本物そっくりのフィッシング詐欺サイトで相当な被害を受けると考えられる。もし、「あなたのApple IDがロックされています」といった内容のメールを受け取ったら、まず“詐欺ではないか?”と疑うクセをつけよう。少なくとも詐欺メールに記載されたURLを押さずに、本物の「Apple ID」のWebサイトを開いてログインできれば、何も問題がないことが簡単にわかるはずだ。
 もし、本当にアカウントがロックされている場合は、Apple公式サイト→こちらで対処方法を確認してみてほしい。
 なお、フィシング詐欺に遭わないようにするには、セキュリティの強化が必須。とりあえずApple IDの2ファクタ認証を設定し、他人が勝手にアクセスできないようにしておくべきだろう。くれぐれも詐欺メールにはご用心を!

●Apple ID(公式)は→こちら
●Apple「Apple ID がロックされた場合や使用できなくなった場合」(公式)は→こちら

文=植村照明/フリーライター

【最新版】実際に、詐欺メール「Apple IDがロックされています」を最後までやってみた!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフApple IDGoogle Chromeフィッシング詐欺詐欺詐欺メール】の最新ニュースをいち早くお届けします。