【Twitter】「ツイートアクティビティ」とは? 設定方法や見方も解説!

Twitterの「ツイートアクティビティ」をご存知だろうか。最近は企業の広報に使われることも多いTwitter。自分のツイートがどれだけ反響があるのかを知るのには欠かせないのが「ツイートアクティビティ」である。「ツイートアクティビティ」について紹介しよう。

「ツイートアクティビティ」とは

 Twitterの「ツイートアクティビティ」とはなにかご存知だろうか。はじめに、「ツイートアクティビティ」とは何か紹介しよう。最近では企業の広報などに使われることも多いTwitter。広報活動には、自分の行動(ツイートの反響)を把握することが必須だ。Twitterにおいても例外ではない。「ツイートアクティビティ」とはそのような自分の行動(ツイート)に対しての反応を見ることができる機能だ。「ツイートアクティビティ」について詳しく見ていこう。

・自分のツイートの閲覧数やみんなの反応の統計を示す機能

 「ツイートアクティビティ」とは、自分が行った行動(ツイート)の閲覧数情報や、そのツイートから自分へのプロフィール情報の表示に繋がった感度の情報を統括的に見ることができる機能だ。つまり、「ツイートアクティビティ」とはTwitterで広報活動を行っていく上では無くてはならない指標ということになる。
 効果的にTwitterを使った広報活動を行っていくには「ツイートアクティビティ」の情報を正しく理解しておく必要がある。このように「ツイートアクティビティ」とは、Twitterを運営していく上で無くてはならない情報のため、Twitter運営を行っている方は、ぜひ「ツイートアクティビティ」をマスターしてほしい。

「ツイートアクティビティ」の設定方法

 「ツイートアクティビティ」とは前述の通り、Twitter運営者にとっては必要な機能だが、Twitterをプライベートで利用しており、自分の行動(ツイート)について行動情報を確認する必要がない人はほぼ使うことのない機能だ。そのため、「ツイートアクティビティ」を効果的に使うには、「ツイートアクティビティ」の設定を行わなければならない。「ツイートアクティビティ」とは何か分かったところで、「ツイートアクティビティ」の設定をしていこう。
 Twitterでは「ツイートアクティビティ」機能を含む、閲覧数など自分の行動(ツイート)の反響を閲覧できる機能を「アナリティクス」と読んでいる。「アナリティクス」とは、様々な情報を解析できる機能だ。一般的にはアクセス解析と言われる。「ツイートアクティビティ」を効果的に利用するには、Twitterのアカウントでアナリティクスを有効に設定する必要がある。

Twitterアナリティクス画面はこちら → アナリティクス

「ツイートアクティビティ」の情報を有効に活用して自分の行動を正確に表示させるには、Twitterの「アナリティクス」設定画面に移動して、アナリティクスの「はじめる」ボタンをクリックしよう

【Twitter】「ツイートアクティビティ」とは? 設定方法や見方も解説!のページです。オトナライフは、【SNSTwitterツイートツイートアクティビティ設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。