星持ちだけが良い店じゃない? Googleマップでわかった現代人の飲食店選び

他人の情報よりも自分の視点を信じる傾向に

高級レストランからラーメン店まで、あらゆる飲食店をリサーチ可能だ

 しかし、訪れる飲食店をリサーチする際に何を重視するのかは、人によって大きく変わってくるようだ。「Google マップを使ってお店を選ぶ際に興味を引かれるもの」として挙げられた1位は「メニュー内容が良いお店」だった。これは59.8%と半数以上のユーザーがポイントとして認識しており、やはり「お店で何が味わえるか」という点は外せないもののようだ。さらに2位には「提供物の写真が良いお店」が43.6%でランクイン。「名前を見て興味を持ったメニューのビジュアルを写真で確認して来店する」という流れがお決まりのパターンのようだ。

 一方で気になるのは、「口コミ評価点数が良いお店」という項目が5位(37.6%)しかいなかった点だ。飲食店の評価といえば、ミシュランガイドのように星の数で表されることが少なくない。事実、様々なグルメ情報サイトでも、多くの場合星の数や点数で評価されており、Google マップでも5点満点で評価がついている。

 にも関わらずユーザー目線では店舗を選ぶポイントとしては上位に入ってきていない。これはたびたびネット上などで話題となる「点数を操作しているのではないか」という疑いの目を持つ人たちから疑惑を払拭しきれていないのだろうか。だからこそ、「美味しいと評判のお店」よりも「写真を見て自分が行きたくなったお店」を選ぶ人が増えているのかもしれない。
 他人からの情報に流されず自分の感性を信じて決める人多いことも、令和のネットサービスの特徴になっていく。

参照元:Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~【fullspeed

※サムネイル画像(Image:omerfarukguler / Shutterstock.com

星持ちだけが良い店じゃない? Googleマップでわかった現代人の飲食店選びのページです。オトナライフは、【アプリGoogleGoogleマップミシュランガイド口コミ】の最新ニュースをいち早くお届けします。