マイナポイントはお得!だが、マイナンバーカードと同じく普及率から見えてきた課題とは?

2019年、消費増税を機に官民一体となりキャッシュレスへと舵を切った日本。「キャッシュレス元年」と称される通り、その普及はとどまることを知らない。「キャッシュレス・消費者還元事業」をはじめとし、各企業のポイント還元キャンペーンなど、消費者にとって明確なメリットを与えるキャンペーンが生まれ、利用者は増え続けている。そして「マイナポイント」もそのひとつ。しかし、あまりマイナポイントの利用は広がっておらず、連動するマイナンバーカードの普及にも貢献していないようだ。
今回は、使用すればお得であるマイナポイントの特徴となぜ普及していないのかをご紹介したい。

そもそもマイナポイントとは?

(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

総務省はマイナポイント特設サイトをオープンし、普及を図っている

 マイナポイントとは、マイナンバーカードを使用して予約・申込を行い、キャッシュレス決済サービスでチャージや買い物をすれば、利用金額の25%分のポイントが還元される仕組み。一人あたり5,000円分が上限ではあるが、「toica」や「nanaco」などの電子マネーをはじめとし、「PayPay」や「三井住友カード」など各種QRコードやクレジットカード決済などにも幅広く対応している。ポイントの付与期間は2020年9月から2021年3月31日までであり、先着4,000万人が受け取ることができる。マイナンバーカードを使用することが条件であるため、マイナンバーカードの取得期間も視野に入れ、早めに手続きを済ませたほうがよいだろう。

マイナポイントはお得!だが、マイナンバーカードと同じく普及率から見えてきた課題とは?のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスマイナポイントマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。