【Twitter】自分の過去のツイートだけを検索する方法!

Twitterで過去の自分のツイートだけを検索したいといった場面に出会ったことはないだろうか。通常の検索では他のユーザーも表示されてしまう。そこで、Twitterでとあるテクニックを使って自分のツイートだけを検索する方法を紹介しよう。

自分の過去のツイートだけ検索する方法【コマンド検索】

 Twitterの検索機能にはアカウントを指定して検索する機能は表面上は搭載されていない。しかし、Twitterの検索機能は「演算子」と呼ばれる特定のコマンドを使った検索が可能だ。演算子には特定の単語の除外演算子やアカウント指定演算子などがある。これらの演算子を使って自分のアカウントを指定することで、自分のツイートだけを検索することが可能になる。
 演算子を使って過去の自分のツイートだけを検索する方法は、外部アプリなど不要な最も手軽な方法なので、ぜひ演算子を使って過去の自分のツイートだけを検索する方法をマスターしてほしい。

・「from:」演算子でアカウントを絞る

 演算子を使って過去の自分のツイートだけを検索するには、「from:」演算子を利用する。「from:」はTwitterの検索機能による検索結果から、「from:アカウント名」で指定したアカウント名のツイートだけを検索できる演算子だ。「from:」演算子の使い方を見ていこう。

「from:」演算子はそれ単体で使うことで、「from:」演算子で指定したアカウントのツイートをすべて検索することができ、「(検索したい単語) from:(アカウント名)」の組み合わせで検索することで、指定したTwitterアカウントが過去に行ったツイートから、検索したい単語に指定した単語を含むツイートのみを検索することができる。そのため、「from:」で自分のアカウントを指定すれば、自分のツイートだけを検索することが可能だ

・演算子を組み合わせる

 Twitterは「from:」以外にも複数の演算子を組み合わせて使うことができる。組み合わせて使える演算子の一例として除外演算子である「-」がある。

「from:」演算子と「-」演算子の組み合わせ例を紹介しよう。検索時に、検索結果に含めたくないワードがある場合には、「-(除外ワード) from:(アカウント名)」で検索する。これで、指定したアカウント名が過去に行ったツイートから除外ワードを除外した検索結果を表示できる

【Twitter】自分の過去のツイートだけを検索する方法!のページです。オトナライフは、【SNSTwitter過去のツイート】の最新ニュースをいち早くお届けします。