絶好調のメルカリ! その一方で苦戦の続くメルペイに逆転の一手はあるのか?

スマートフォンやタブレットの利用者の増加と共に急激な普及を遂げた、ネットオークションやフリーマーケットアプリなどのCtoCサービス。特に若年層には、アプリを通して手軽に売買ができるという面から「メルカリ」が多くの支持を集めている。
しかし、同社子会社が手掛けるQRコード決済サービス「メルペイ」は現在、他社のサービスに押されて苦戦を強いられているようだ。

フリマアプリがネットオークションの牙城を崩す

スマホでどこでも手軽に操作できるのも現代のCtoCサービスの魅力だ

株式会社ジャストシステムが発表した、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年8月度)」によると、現在利用中のCtoCサービスの1位は「メルカリ」(51.8%)、次いで「ヤフオク!」(43.7%)、「ラクマ」(29.2%)となった。昨年度の同調査に比べて、「メルカリ」は11.2ポイント、「ラクマ」は9.5ポイント利用率が上昇。その一方で、「ヤフオク!」は2.6ポイント減少。ネットオークションサイトよりも、フリーマーケットアプリのニーズが高まっていることが読み取れる。

絶好調のメルカリ! その一方で苦戦の続くメルペイに逆転の一手はあるのか?のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスメルカリメルペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。