【Twitter】「ツイートアクティビティ」自分を除外できる? 設定/活用方法も解説!

Twitter運用者にとっては必要不可欠な「ツイートアクティビティ」。しかし、ツイートアクティビティのデータには自分の情報も含まれてしまう。正確に情報を得たい場合には自分のデータを除外しなければいけない。ツイートアクティビティから自分を除外できるのか解説しよう。

ツイートアクティビティとは?

(Image:DenPhotos / Shutterstock.com)

 Twitterには自分が行ったツイートを他者が見た回数を把握したり調査したりできる「ツイートアクティビティ」機能がある。「ツイートアクティビティ」機能を利用したことがあるだろうか。個人でプライベートにTwitterを利用している分には自分のツイートを他者が見た回数などはあまり気にすることはないが、企業アカウントや広告用のアカウントでは自分が運営しているTwitterアカウントのツイートがどれくらいの人が見たのか、表示された回数は何回なのかなど、Twitter運営についての効果測定の指標となる。はじめに、「ツイートアクティビティ」についてどのようなことができるのか詳しく見ていこう。

・自分のツイートを分析することができる機能

 「ツイートアクティビティ」は自分のツイートを解析できる機能だ。場合によってはアクセス解析と言ったほうがわかりやすいこともある。「ツイートアクティビティ」を利用することで自分のツイートが他者のタイムラインや検索結果に表示された回数や、そのツイートを見たユーザーが自分のプロフィールやリンクをクリックした回数まで確認することができる。
 そのため、各ツイートの「ツイートアクティビティ」を確認することで、より閲覧回数が多く見たユーザーが反応しやすいツイートを分析することができるのだ。「ツイートアクティビティ」で分析できた結果は、今後のTwitterの運営方針を設定する上でも非常に重要な指標となってくる。
 Twitterを広告や宣伝のために利用しようと思っている方は、ぜひ「ツイートアクティビティ」を活用して、効果的なTwitter運用をおこなってほしい。

【Twitter】「ツイートアクティビティ」自分を除外できる? 設定/活用方法も解説!のページです。オトナライフは、【SNSTwitterツイートツイートアクティビティ】の最新ニュースをいち早くお届けします。