2021年の初詣には「マイひしゃく」必携!? だが、まさかの落とし穴も……

 世界的に流行している新型コロナウイルス感染症。多くの人の生活スタイルに変化が生じており、街中の人々が夏の暑い時期でもマスクを着けて歩くことになるなど1年前には誰が想像していただろうか……。あなたの周りでも、大なり小なり生活に変化があったのではないだろうか?
 今までの暮らしとは異なっていくニューノーマルの創出。なんと参拝のあり方にまで変化の兆しが見えている。今回は、参拝の新しい準備と、注意点をご紹介したい。

これからの参拝にはマイひしゃくがマストアイテム?

コロナ禍では、共用のひしゃくに口をつけることもNGかもしれない

 2020年9月、新年の初詣に人出が見込まれるということで、埼玉県神社庁は境内における新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインを埼玉県知事に提出した。そのガイドラインの中には、「手水のために“マイひしゃく”を持参する」という対策例まで示されていた。
日本トレンドリサーチの調査によると、初詣に毎年行っているという人のうち、「来年2021年にも初詣に行く予定がある」と回答したのは83.5%。さらに、「来年も初詣に行く」と回答したうちで、「マイひしゃくを持って初詣に行く」と回答したのは16.2%。決して多くはないものの、新しい文化が生まれようとしているようにも見える。

2021年の初詣には「マイひしゃく」必携!? だが、まさかの落とし穴も……のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイひしゃく初詣神社】の最新ニュースをいち早くお届けします。