2021年の初詣には「マイひしゃく」必携!? だが、まさかの落とし穴も……

あなたは持っていく?持っていかない?意外な落とし穴も

各神社によってコロナ対策は異なる?事前に要確認!

 マイひしゃくを初詣に「持っていこうと思う」と回答する理由はやはり、「コロナの影響」を懸念し感染対策として持参を検討している傾向が強い。それに対して、マイひしゃくを「持っていこうと思わない」と回答した中には、「どこに売っているのかわからない」「荷物が多いのは嫌だから」と、ひしゃくそのものが浸透していなかったり、マイひしゃくが移動時の荷物になることを懸念していることがわかった。いざマイひしゃくを購入すれば文化として馴染んでいくかもしれないが、やはりひしゃくは「どこの家にも当たり前にある」ようなグッズではない。まだまだ一般化するまでのハードルは高そうだ。

 さらに、思わぬ注意点もある。新型コロナウイルス感染防止のために、手水舎がそもそも閉鎖している神社も少なくないのだ。マイひしゃくを購入後に、意気揚々と初詣に行っても使用する機会がなければ、捕らぬ狸の皮算用……。事前に初詣予定の神社を下見するなど、マイひしゃくを活躍させるには準備も必要そうだ。

参照元:【2021年の初詣】16.2%が「マイひしゃく」を持っていこうと思っている【日本トレンドリサーチ

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

2021年の初詣には「マイひしゃく」必携!? だが、まさかの落とし穴も……のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイひしゃく初詣神社】の最新ニュースをいち早くお届けします。