2021年は5Gスマホが爆発的普及の兆し! 通信の高速・大容量化で新たな技術革新が生まれるのか?

世界の携帯電話契約サービス数・スマートフォン出荷台数を見ると、2020年は新型コロナウイルス流行の影響もあり全体数では伸び悩んだ。しかし5G(第5世代移動通信システム)対応のスマートフォンの出荷台数に限って見れば、2019年の20倍以上に膨れ上がる見込みだ。さらに2021年は前年の倍になるだろうという予想も発表されている。
10月には5G対応モデルの新型iPhoneが発売されるなど、世界中で本格的に急速に普及の兆しが見える。新しい情報通信の時代が訪れようとしているのかもしれない。

新型コロナウイルス流行で携帯業界にも打撃が

急速な進化を遂げてきたケータイは、5Gという新たなステージに進化する

 株式会社矢野経済研究所が、日本を含む世界主要33市場(32カ国1地域)の携帯電話サービス契約数やスマートフォンやフィーチャーフォンの市場を調査した結果を発表した。
 2020年は新型コロナウイルスの流行により多くの国々で外出自粛となり、多くの通信事業者がオンラインでの事務対応を進めたものの、販売店への来店者数が急減したため、新規契約や端末販売は例年に比べて大きく減少した。また、工場の操業停止などによる部品調達の遅れや、製造の遅延が発生しており、年末商戦向け新製品にも大きな影響が出ることが予想されている。
 しかし一方で暗いニュースばかりではなく、携帯電話サービス、データ通信サービスの利用は外出自粛によるSNSやゲーム、動画配信のサービス利用頻度の増加拡大を背景に比較的好調に推移しているということが分かった。

5Gへの進化によってできるようになることは、現在の私たちの想像すら超えているかもしれない

 多くの端末が出荷台数を落とす中、大きく出荷台数を伸ばしてきているのが、現在世界中で普及が進んでいる新たな通信規格・5Gに対応したスマートフォンだ。2020年は、前年からおよそ20倍の出荷台数を記録する見込みを見せている。
 日本でも2020年春から商用サービスをスタートしている5Gは、前世代の4Gと比べて通信速度が約20倍となり、高速大容量のデータ通信を実現する。高度な情報化社会の現代で、通信の高速化・大容量化は大きな武器になることは間違いない。高精度な動画配信を可能にしたり、現在も研究が進む自動車の自動運転を実現したりと、多くの可能性を秘めた5Gは、日本でも東京五輪での活用なども見込まれており今後ますます普及していくことは間違いない。

 5G対応のスマートフォンの販売見込みは2021年度にはさらに倍に、2022年度も同規模の伸び率が予測されている。数年後には誰もが5G対応のスマートフォンを持つ世界が訪れ、現在では考えつきもしない新たな技術革新が生まれてもなんらおかしくないのだ。今のうちに流行を先取りして、最新の端末を手に入れておくとよいかもしれない。

参照元:世界の携帯電話契約サービス数・スマートフォン出荷台数調査を実施(2020年)【株式会社矢野経済研究所

※サムネイル画像(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

2021年は5Gスマホが爆発的普及の兆し! 通信の高速・大容量化で新たな技術革新が生まれるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroidiPhone5G】の最新ニュースをいち早くお届けします。