仕事中はノンアルビールを飲むべき!? ビールの原料が持つ意外な効果とは

新型コロナウイルスの流行により、読者の中にも今年は自宅で過ごす人が増えたのではないだろうか。コロナ流行以前と現在との飲酒に関するある調査によると、自宅以外で飲む機会が減った人が7割以上いる中で、3割の人が「自宅で飲む機会が増えた」という結果が出たそうだ。家飲みが増えた理由としては、新型コロナウイルス感染予防はもちろんのこと、「安上がり」「他人に気を使わない」などのメリットを感じる人が増えたからだろう。
そんな中、ノンアルコール飲料が以前よりも飲まれているという調査結果が報告されている。今回はノンアルコール飲料の現状と意外な効果をお伝えしていきたい。

ノンアルコール飲料市場が拡大傾向に

(Image:soi7studio / Shutterstock.com)

あなたの周りもノンアルコール飲料を飲む人が増えているかも?

 2020年10月にサントリーがHPに掲載した「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態…意識調査 サントリー ノンアルコール飲料レポート2020」では、新型コロナウイルス感染症拡大による生活の変化によってノンアルコール飲料の飲用量が増加、飲用者の約4人に3人が日常生活の中で休肝日を設定し、休肝日の飲み物としてノンアルコールビールテイスト飲料が定着していると報告している。アルコール飲料の飲み過ぎは依存症などのリスクが伴うが、ノンアルコール飲料であれば身体への悪影響も無く気軽に楽しめる。サントリーは、ノンアルコール飲料市場の規模は引き続き拡大傾向にあると推定している。

仕事中はノンアルビールを飲むべき!? ビールの原料が持つ意外な効果とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフサントリーテレワークノンアルコールビール休肝日在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。