仕事中はノンアルビールを飲むべき!? ビールの原料が持つ意外な効果とは

ノンアルコールビールは、仕事にいい影響を与える!?

いつかはコーヒーやジュースのようにノンアルコール飲料を気軽に飲める日も来る?

 ノンアルビールの要素であるポップと麦芽には、実は仕事によい影響を与えると提唱する精神科医もいるのだとか。苦みや香りを生み出すホップは脳の活動を活発にするなどの影響を与え、麦芽には人のやる気や幸福感を増幅する「ホルデニン」という成分が入っているそうだ。そんなホップと麦芽は、ご存知の通りどちらもビールの主な原料として知られている。ホップで脳の活動を活発化させ、麦芽でやる気をチャージすればあなたの日々の仕事も大いに捗る…かもしれない。

 しかし、いくらノンアルコールだからといって、仕事中に堂々とノンアルビールを飲むことに対して気が引ける人は少なくないだろう。今はまだリモートワークや休憩中などに、仕事を効率的にこなしたいときのブースト用アイテムとして使用するのが限界だろう。しかし今後、世間の意識が変わりノンアルビールの効果への理解が進んだ暁には、オフィスで“プシュッとやる”ことも可能になることを期待したい。

参照元:ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態・意識調査 サントリー ノンアルコール飲料レポート2020【サントリー

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

仕事中はノンアルビールを飲むべき!? ビールの原料が持つ意外な効果とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフサントリーテレワークノンアルコールビール休肝日在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。