もう安心? まだ不安? コロナ禍で足が遠のいたフィットネスジムの現在地

2020年初頭から世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症。日本国内でも様々な産業が大打撃を受けているのだが、フィットネスジムはその中でもダメージが大きい業界のひとつかもしれない。
今回は、現在のジムの利用の度合いや健康への影響などを見ていきたい。

現在も、過去の不安が拭い去れないフィットネスジム業界

コロナ前はジムに通っていた、という読者も多いのではないだろうか

 日本でも4月に緊急事態宣言が発令され外出の自粛が求められるなど、コロナ禍で人々の生活は大きな変化を迎えたことは周知の事実だ。外食やレジャー施設を訪れる機会は減り、テイクアウトを実施する飲食店が増加したり施設を利用する際にもマスク着用・少人数にしたりと、様々な感染対策が奨励されている。

 そして個人利用が多いにも関わらず利用が自粛されがちな施設のひとつにフィットネスジムがある。全国各地のジムでクラスターが発生し、直接の接点がない相手から「いつ感染するかわからない」という恐怖もあって多くのジムで退会者が続出したという。
 エステサロンのBloomが緊急事態宣言発令前にジム等に通っていた人を対象として実施した調査でも、52.0%と実に半数以上の人が「現在はジム等に通っていない」と回答。感染のピークは7月末に迎えたと言われ、当時と比べて感染者数も減少傾向にあるものの、やはり「クラスターが発生した施設」というイメージはいまだ払拭できていないことが明らかになった。

もう安心? まだ不安? コロナ禍で足が遠のいたフィットネスジムの現在地のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフコロナ禍フィットネスジム運動不足】の最新ニュースをいち早くお届けします。