Windowsシステム修復機能「sfc/scannow」の実行の仕方と修復できないときの対処法を解説!

【sfc/scannow】実行手順

 「sfc/scannow」の実行方法を紹介する。なお、「sfc/scannow」を実行するにはコマンドプロンプトを管理者権限で実行する必要があるため、管理者権限のないWindowsアカウントで「sfc/scannow」を行おうとすると、実行できなかったりパスワードの入力が求められることがある。「sfc/scannow」を使ってシステム修復を実行したいときには、管理者権限のあるユーザーでWindowsにログインしておこう。

・実行手順

 「sfc/scannow」を使って、Windowsのシステム修復を実行する手順を紹介しよう。なお、前述の通り「sfc/scannow」を実行するにはコマンドプロンプトを「管理者として実行」しなければ、「sfc/scannow」を実行することはできないので注意が必要だ。

「sfc/scannow」は管理者として実行したコマンドプロンプトでなければ実行することはできない。まずは、コマンドプロンプトを管理者として実行しよう。管理者としてコマンドプロンプトを実行する方法はいくつかあるが、Windows10の場合スタートメニューの検索窓に「cmd」と入力して表示されたコマンドプロンプトのメニューから「管理者として実行」を選ぶとよいだろう

コマンドプロンプトを「管理者として実行」で開くことができたら、「sfc/scannow」コマンドを入力してみよう。なお、オプションを指定せずにこのまま実行するとシステム修復機能でシステムがスキャンされた後、破損ファイルがあった場合には修復が試行される。「sfc/scannow」によるシステム修復のスキャン時間はシステムによって異なるが、10分から1時間程度かかることがある。破損ファイル多ければより長時間かかることもあるので「sfc/scannow」でシステム修復を行うときには時間に余裕を持って行おう

・破損したファイルが検出された場合は?

 「sfc/scannow」コマンドを実行してシステム修復を実行したのち、破損ファイルがあった場合には自動でのファイル修復が試行される。破損ファイルが検出された場合の挙動を紹介しよう。

「sfc/scannow」を実行して破損ファイルが見つかった場合には、Windowsの自動修復機能によってファイルの修復が試行される。破損ファイルがあり、自動修復でファイルが修復された場合にはその旨がコマンドプロンプトに表示されてログファイルが保存される。もし、自動修復での修復ができない場合には破損があったことのみが表示されるので、ファイルの修復ができない場合の項目に進み、次の対応策を行ってみよう

【sfc/scannow】ファイルの修復ができない場合

 「sfc/scannow」でシステムの破損が検出されてもファイルの修復ができない場合には、「DISM」コマンドと呼ばれるファイルシステム修復コマンドを利用してみよう。「sfc/scannow」での修復ができない場合に利用する「DISM」コマンドは、システムドライブのイメージに発生しているエラーを修復しているコマンドだ。「sfc/scannow」では修復できないエラーも修復できる可能性がある。

「sfc/scannow」でファイルの修復ができなかった場合には「DISM」コマンドを利用する。「DISM」コマンドを使った修復としていくつか、オプションを追加た「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行しよう

Windowsシステム修復機能「sfc/scannow」の実行の仕方と修復できないときの対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスsfc/scannowwindows10コマンド修復機能設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。