〇〇仕様が長所であり短所? ZoomにあってGoogle Meetに足りない機能とは

2020年の新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに一気に世の中に浸透していったWeb会議システム。読者の中にも利用経験者は数多くいることだろう。そんなWeb会議システムの中でも、「Google Meet」や「Zoom」といった人気システムが誕生している。しかしどんなシステムでも“完璧”なものはなかなか無いもの。ご多分に漏れずGoogle Meetにも、競合・Zoomと比べてデメリットが存在する。
今回はそんなGoogle Meetの“弱点”についてお伝えしていきたい。

コロナ禍で広く認知されるようになったWeb会議システム

「テレワーク推奨」「会議室での密を避ける」などの理由もあり、各社とも対面での会議は大幅に減ったことだろう

 現在様々な企業が独自のシステムを提供しているWeb会議システムは、Google Meet、Zoom、「Microsoft Teams」といったサービスが人気を博している。とくにGoogle Meet・Microsoft Teamsは、GoogleやMicrosoftといった大企業の提供するサービスという信頼感もあり、セキュリティ面などでの評価が高くビジネスシーンでの利用も盛んだ。日本国内では最初、ZoomがWeb会議システムのスタンダードとして広まったものの、セキュリティの穴を狙った“Zoom爆弾”と呼ばれる嫌がらせが一時多発した過去などもあって、セキュリティリスクを嫌ったビジネスユーザーが信頼性を求めてGoogle Meetなどが隆盛していったようだ。
 さらにGoogle Meetは、「Gmail」や「Google カレンダー」「Google スプレッドシート」などGoogleの他サービスとの連携機能も豊富。カレンダーにWeb会議の予定を入力すると、自動で参加者に招待メールが発信されるなどの機能も有している。日頃からGoogleアカウントを利用しているサラリーマンであれば、非常に使い勝手の良いシステムであることは疑う余地も無いだろう。

〇〇仕様が長所であり短所? ZoomにあってGoogle Meetに足りない機能とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle MeetMicrosoft TeamsWeb会議Zoom】の最新ニュースをいち早くお届けします。