さよなら働かない上司! コロナで無責任上司が一掃されるかもしれないワケ

コロナ禍で急速に進んだことのひとつに「テレワーク化」が挙げられる。これまで電車や車で会社に出勤していた人たちがいっせいに通勤をやめ、オンラインで仕事をこなすようになったのはご存知の通りだ。そんな劇的な労働環境の変化に合わせて、中間管理職に求められるスキルも今後大きく変わってくるかもしれないという。
今回は、変わりゆく仕事の評価軸と、その波に飲まれて消えていくかもしれないあなたの会社の「大して働かないのに偉そうにしているおじさん管理職」についてお伝えしよう。

コロナで日本的な採用スタンスの見直しが進む?

新卒で一括採用し、個人の適性に合わせて配属していくのが“メンバーシップ型”だ

 新型コロナウイルス感染症の影響で、日本企業の労働事情は大きな転換期を迎えている。これまで当たり前となっていた会社への通勤も、通勤ラッシュなどで電車内が密になることを避けるため国からの要請でテレワークが推奨されるようになった。そのため社内での連絡やミーティングもオンラインでWeb会議やチャットツールを利用するようになり、業務でのコミュニケーションの取り方が大きく変わったことを実感しているサラリーマンも少なくないだろう。

 加えて企業によってはこれまでの評価軸を見直す動きも出てきている。富士通は2020年4月から、一部の社員を対象にこれまでの日本的な新卒一括採用の“メンバーシップ型”雇用から、欧米で主流の仕事内容に合わせて人材を選ぶ“ジョブ型”雇用へと切り替えていくという。「その仕事ができる人」として採用されたのであれば、求められるのは仕事の成果が中心となるだろう。そのため極端な話をすれば、評価の項目で“努力賞”が無くなり実績をメインに社員がランク付けされる企業に変化していくことも考えられる。

さよなら働かない上司! コロナで無責任上司が一掃されるかもしれないワケのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスおじさん管理職テレワーク中間管理職働かない上司在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。