テレワーク最大の敵は〇〇だった! 現在、許可・推奨を行っている企業は24%にも満たない

テレワーク最大の敵は企業上層部の無理解?

いつの世も上と下とでは意見が食い違う?

テレワークが定着することを願っているビジネスパーソンは決して少なくないだろう。テレワークになった途端、自分だけの作業空間が創出され、生産性・効率性の向上につながったり、理想的なワークライフバランスを実現できたりとメリットを実感することができたかもしれない。

しかし、現状はコロナの感染状況が一時的に落ち着いている現状もあり、テレワークの許可・推奨を行っている職場は減りつつあるそうだ。この背景には、もしかしたら一般社員と経営者層とのテレワークに対する考え方の違いがあるという声も。Dropbox Japanは、国内の経営者層の約半数がテレワークに対してメリットを感じていないという驚きの調査報告を行っている。

 経営者層にとっては、テレワークを推進すると、部下の働く姿や成長する姿を自らの目で確認できないなどのデメリットがあると考えている場合も多いようだ。経営者層と一般社員の隔たりが、テレワークの普及が進まないひとつの原因なのかもしれない。

参照元:「テレワークの許可/推奨」の職場割合は全国で24%に低下–LINEリサーチ調査【CNET Japan

テレワーク最大の敵は〇〇だった! 現在、許可・推奨を行っている企業は24%にも満たないのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDropboxテレワークリモートワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。