サラリーマン必須のスキル? 今、アナログゲームが見直されているワケとは

日本ではここ数年、ボードゲーム、カードゲームなどの「アナログゲーム(非電源系ゲーム)」が隠れたブームとなっている。国内最大のアナログゲームのイベント「ゲームマーケット」は、2018年に来場者数が約2万人を記録するなど、世界第3位の規模となっている。市場の盛り上がりと共に、ゲーム販売店やゲームを遊ぶゲームカフェの関連施設も増加するなど、業界全体として熱を帯びてきている。
任天堂やソニーといった世界を代表するデジタルゲームが揃う日本で、今アナログゲームが見直されているワケをお伝えしていきたい。

デジタルには無い魅力が若者を虜に

アナログゲームの魅力とは?

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が発表した「アナログゲーム(非電源系ゲーム)に関する調査」の結果によると1年以内にアナログゲームを遊んだことがある人々の中で、アナログゲームの購入や、ゲームカフェ、イベントに参加したなどのアクティブなユーザーは20~30代の若年層に多いことがわかった。アナログゲームユーザーの中でも、中年から高齢層は将棋や麻雀などの既存のゲームを知人とゆったりと楽しみ、若年層はイベントやカフェなどに出向き、アナログゲームを“体験”として楽しんでいることが判明。それぞれの層が独自の楽しみ方でゲームに興じている、アナログゲーム業界の特徴がわかった。
 アナログゲームで遊ぶ理由を調査すると「人と会話するのが楽しいから」「友達ができるから」という回答が多く寄せられた。同様の質問をデジタルゲームに対してしたところ、「1人でも遊べるから」という回答が対照的に集まり、アナログゲームのデジタルゲームにはない、魅力を読み解くことができた。人生ゲームは人生の役に立つゲームなのかもしれない。

サラリーマン必須のスキル? 今、アナログゲームが見直されているワケとはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスアナログゲーム人生ゲーム任天堂非電源系ゲーム】の最新ニュースをいち早くお届けします。