Zoomにまさかの新機能が登場!? 物議をかもした「カスタムギャラリービュー」機能とは

コロナ禍で人と対面で接する機会が大幅に減った世の中で、対面の会合に代わって台頭してきたツールがWeb会議サービスである。そんな時代の寵児とも言えるWeb会議サービスのひとつ「Zoom」に新たに追加された機能が、現在物議をかもしていることをご存知だろうか。
今回は日本文化に過度に寄りすぎたとも言われている新機能“上座機能”についてご紹介していく。

Zoomに実装されたのは“上座機能”?

(Image:ymphotos / Shutterstock.com)

現実の会議室では入口から遠い場所が“上座”とされるが

 Zoomは、「Google Meet」などと並びWeb会議で最もよく使われるサービスのひとつだ。Zoomアカウントを持っていなくても招待URLをクリックするだけで参加が可能という手軽さが人気を博し、ビジネスシーンだけでなくオンライン飲み会などプライベートでも多くの人が利用している。2020年に突如襲った新型コロナウイルス感染症の影響でWeb会議サービスの存在がクローズアップされた際にZoomが大きく取り上げられたことも追い風となり、「Zoom映え」が「新語・流行語大賞」でもノミネートされるほど知名度を高めた。

 そんなZoomに9月に新たに加わった機能が「カスタムギャラリービュー」。この機能は、これまでZoomのソフト・アプリによって自動的に配置されていた参加者の映像の順番を利用者がカスタムできるというものだった。これがネット上など一部から「目上の人を上に配置するための『“上座”機能』なのでは」と勘繰った意見が飛び出しているのだ。

Zoomにまさかの新機能が登場!? 物議をかもした「カスタムギャラリービュー」機能とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomオンライン会議カスタムギャラリービュー上座機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。