「Go To Eat(イート)」の圧倒的な〇〇率が判明! 終了間近で「面倒」なんて言っている場合ではない

 2020年10月1日からスタートした「Go To Eat(イート)キャンペーン」。新型コロナウイルスの感染予防に努めている飲食店を対象に農林水産省がポイントなどで支援を行ない、利用の活性化を狙う試みだ。キャンペーンのスタートから1カ月ほどたった今、サービスの利用頻度を調べると「利用した」と答えた人は、およそ18.4%に留まっていることが分かった。半数以上の人が利用しておらず、積極的にサービスが展開しているとは言い難い現状だが、その利用頻度を調べると興味深い結果が出ていた。
 今回は1カ月たった今だからこそわかるGo To Eatを利用すべきか否かについてお伝えしていきたい。

利用者に合わせた“2つの還元方法”が用意されている

(Image:gotoeat.maff.go.jp)

プレミアム付食事券か、オンラインサイトから予約をして食事をするとポイントを付与される2つの還元方法がある

 新型コロナウイルスの感染拡大により、深刻な打撃を受けている観光業や飲食業を支援するために国が需要喚起策として展開している一連の「Go To キャンペーン」。多くの利用者の殺到により、大手旅行サイトでの利用が一時停止するなど、好調な「Go To トラベル」に続く形で、10月1日よりスタートしたのが、飲食店を対象とした支援事業がGo To Eatだ。

 サービスの利用方法は大きく2つあり、1つ目が対象のオンライン予約サイトから、予約をして食事をすると1人最大1,000円分のポイントを付与する「オンライン飲食予約の利用によるポイント付与」。もう1つは、地域限定で使用できる食事券を、販売額の25%を政府が負担する形(12,500円の食事券を10,000円で購入することができる)で販売する「プレミアム付食事券」だ。
 どちらも食事をするだけで還元を受けることができるとあって、Go To トラベルのように多くの利用者で店舗に賑わいが戻ることを期待していた飲食店が多い中、キャンペーン利用の実態は芳しくないようだ。

「Go To Eat(イート)」の圧倒的な〇〇率が判明! 終了間近で「面倒」なんて言っている場合ではないのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーンGoToトラベルプレミアム付食事券】の最新ニュースをいち早くお届けします。