「Google Meet」「Zoom」Web会議の大敵・ハウリングを防ぐ3つの解決方法とは

新型コロナウイルス感染症の影響で、あちこちで聞くようになった「ニュー・ノーマル」という言葉。ビジネスシーンでも、全員が1つの部屋に集まって行われる打合せが減り「Google Meet」や「Zoom」を使ったWeb打合せが流行している。あなたはそんなWeb会議の場で、ハウリングを起こしてしまった経験はないだろうか。
今回はWeb会議のシステムでハウリングが起こる原因と、その対処法を3つご紹介する。

やまびこが続いてしまうハウリング

ヘッドセットの利用はハウリング対策として有効だ

 そもそもハウリングとは、スピーカーから高音や低音などの異音が発生する現象だ。カラオケなどでマイクを使った際に、「キーーーン」と不快な音を出してしまったことのある人も多いのではないだろうか。一方で、Web会議サービスで起こりやすいハウリングは少しタイプが違うもの。PCのスピーカーの発した音を同じPCのマイクが拾ってしまい、やまびこのように同じ声が繰り返し出続けてしまうことを指している。

【ハウリングが起こる原因】

1. エコーキャンセラーがオフになっている

 ほとんどのWeb会議サービスのシステムには「エコーキャンセラー」という機能が搭載されている。マイクから入ってきた電気信号の処理中に、システムが自動的にエコーの発生源となる信号を減衰させているのだ。とくにヘッドセット以外の、部屋全体にスピーカーの音が聞こえるような環境で利用されるマイクには必須の機能とされている。
 自分ひとりでハウリングを起こしてしまった場合は、まずこのエコーキャンセラーの設定を確かめてみるといいだろう。

「Google Meet」「Zoom」Web会議の大敵・ハウリングを防ぐ3つの解決方法とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomオンライン会議ハウリング】の最新ニュースをいち早くお届けします。