ホントにそんなに危ないの? 数字で見えてくる「Go To Eat」感染リスクの多寡

新型コロナウイルス感染症の流行による外食自粛で大打撃を受けた飲食店を支援するため、2020年10月から国の外食需要喚起策である「Go To Eatキャンペーン」がスタートした。その需要は非常に高く、開始から9日間でのべ558万人が利用したと発表されている。しかし外食での感染リスクを警戒する声も根強く、キャンペーンを利用するか否かは個人の判断に寄るところが大きいのが実情だ。
今回は、そんなGo To Eatでの感染対策に関する事柄をお伝えしていきたい。

予約数は前年比3倍!ランチのニーズも急増

赤ちょうちんを掲げる居酒屋から足が遠のいている人も少なくないだろう

 レストラン予約サイト・ぐるなびの発表によると、同サイトのGo To Eatが始まった10月のネット予約数は前年同月比で3.0倍に上昇したという。さらに土日に限ると4.3倍に膨れ上がった。これはGo To Eatが、キャンペーンを利用するためにネット予約が欠かせないシステムであることが大きいことは想像に難くない。

 さらに特徴的なのは、公開された予約データから利用者が“コロナ感染対策”を意識していると考えられる傾向を示していた点だ。2019年10月に11.3%だったランチ利用の予約は、今回の発表では25.4%と倍増。さらに平均予約人数も、5.6人だった前年から3.2人へと大幅に減少した。これは、夜間でアルコールが過度に入っていた飲み会などのディナー利用から、日中に落ち着いて会食するランチ利用へとニーズが移り変わってきだしているのかもしれない。加えて大人数のグループでの利用を自粛し、“密”を避けている様子も窺えた。

ぐるなびネット予約データ調べ

ぐるなびネット予約データ調べ

ぐるなびネット予約データ調べ

ホントにそんなに危ないの? 数字で見えてくる「Go To Eat」感染リスクの多寡のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフGoToEatGoToキャンペーンぐるなび】の最新ニュースをいち早くお届けします。