もはや修行僧? 便利なはずの「完全キャッシュレス」がまだまだ遠い未来なワケ

現在、国をあげて普及に取り組んでいる「キャッシュレス決済」。ここ数年で一気に浸透した「QRコード決済」など、あなたやあなたの周囲でも何らかのキャッシュレス決済を使っている人も多いのではないだろうか。しかしそんなキャッシュレス化の最終形とも言える「完全キャッシュレス」が、現時点ではあまり便利とは言い難そうな実態が明らかとなってきた。
今回は、完全キャッシュレスが今後克服していかないといけない課題などをご紹介する。

キャッシュレス化でどこまで便利になる?

国の還元事業も普及を大きく後押しした

 小銭をジャラジャラと持ち歩いたり、会計の端数を揃えるためにレジの前で何枚あるか数える必要が無かったりと、「現金決済よりも便利」なところがキャッシュレス決済のメリットだ。お金に関する情報メディア・まねーぶが2020年10月に実施した調査によれば、キャッシュレス決済を利用したことがある人は回答者の96.2%にのぼった。これだけの高い利用率となった背景には、6月末まで行われていた国の「キャッシュレス・ポイント還元事業」や、近年盛んに行われているQRコード決済サービス各社の還元キャンペーンによるところも大きいだろう。
 さらに調査では、現金利用を一切しない“完全キャッシュレス民”も存在し、キャッシュレス決済を利用したことがある人のうち7.5%が“完全キャッシュレス民”であることが明らかとなった。

もはや修行僧? 便利なはずの「完全キャッシュレス」がまだまだ遠い未来なワケのページです。オトナライフは、【マネーd払いLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。