マイナンバーカード取得率50%に迫る! マイナポイント合わせて拡大背景には一体何が

消費税増税を機にキャッシュレスへと動き出した日本。なかでも「PayPay」をはじめとしたQRコード決済の普及は飛ぶ鳥を落とす勢いである。ポイント還元キャンペーンなど、消費者にとって明確なメリットを付与するサービスがキャッシュレス決済には付随するため、お得感をダイレクトに感じられるのが最大の特徴だろう。
さらに、キャッシュレス化は企業だけでなく政府も積極的に働きかけている。「マイナポイント」もそのひとつ。連動するマイナンバーカードの普及を目的にしており、じわじわとその効果を発揮しているのだとか……。
今回は、マイナポイントの効果と、評判をお伝えしたい。

マイナンバーカードの取得率とマイナポイントの申し込み率

すでにあなたの周りはマイナンバーカードを取得しているかも

 日本トレンドリサーチの調査によると、2020年7月の時点では、マイナンバーカードを「取得している」人は36.4%に留まっていたのだが、11月の調査では、49.6%の人が「取得している」と回答したとのこと。さらに、11月の調査では、マイナンバーカードを「取得していない」人が、今後「取得しようと思う」と回答した人は44.5%に上り、7月の調査よりも2.9%増加していた。

 さらに、マイナンバーカードを「取得している」「取得しようと思う」と回答した人のなんと70.7%がマイナポイントの申し込みを「する(した)」と回答している。7月から着実に数字を伸ばしている驚愕の結果だろう。

マイナンバーカード取得率50%に迫る! マイナポイント合わせて拡大背景には一体何がのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスマイナポイントマイナンバーカード深川麻衣舘ひろし】の最新ニュースをいち早くお届けします。