Google Meetが2つの新機能追加でWeb会議サービスシェア争いから一歩リードか?

会議の内容の理解を深めるための“質問”機能

対面では声を挙げづらかった人には非常にありがたい機能かもしれない

【Q&A機能】

 会議の進行役が使いやすいアンケート機能に対して、Q&A機能は逆に会議を聞く参加者側の利用を想定した機能と言える。Web会議経験者であればおわかりいただけると思うが、Web会議では会議の進行中に誰かが声を発すると、その人の発言を遮らないようにと気を使って周囲が一瞬沈黙してしまうことが多い。そのため話を聞いていて疑問が浮かんでも、話の流れを断ってしまうことを嫌って話が終わるまで黙っていた経験がある人もいるのではないだろうか。
 Q&Aは、その疑問を声でなく文字で質問できる機能と言っていいだろう。文字であれば進行役が話しながら質問を確認して、話の流れを断たずに質問に対する回答を伝えることができる。また、人数が多かったり初対面の人が多いWeb会議に参加していて「発言するのは気が引ける…」という人でも文字ならば質問をしやすいはずだ。

 ビジネスシーンで利用されることの多いGoogle Meetだけに、今回の新機能は非常にビジネスを便利にする進化だったと言える。効率的な会議進行に一役買う機能となることは間違いなく、言うなれば会議の質を高める働き方改革と見ることもできるだろう。Web会議サービスはまだまだ発展途上の業界だが、これでGoogle Meetが一歩リードしたのかもしれない。今後のシェア争いにさらに注目していきたい。

参照元:Google Meet に導入される Q&A とアンケートの機能を使用して、会議をよりインタラクティブにするための 5つのヒント【Google Cloud

Google Meetが2つの新機能追加でWeb会議サービスシェア争いから一歩リードか?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomオンライン会議】の最新ニュースをいち早くお届けします。