キャッシュレス化で財布が消える? その兆候を反映させている、とあるトレンドとは

現在どんどん身近な存在となってきているキャッシュレス決済。国も「2025年までに国内のキャッシュレス決済比率を40%以上にする」と目標を定め、普及のための施策も進められている。そしてキャッシュレス化が進むと、当然ながら現金の出番が減る。出番が減れば持つ量も減る、というのは自然な流れだろう。
今回は、キャッシュレス決済の浸透があなたの持つ財布に与える影響を考えていきたい。

キャッシュレスの波で現ナマの姿が消えつつある?

現代では“札束”というお金持ちのアイコンもその存在価値を失いつつある

 2019年10月にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」など、現在国は本腰を入れて全国のキャッシュレス化を推し進めている。還元事業や「QRコード決済」サービス各社の還元キャンペーンなどもあり、還元事業が終了した2020年6月以降もキャッシュレス決済は浸透し続けている。さらに現在世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の感染対策としても、他人との接触頻度回数が減らせるQRコード決済や「ICカード決済」など、非接触型のキャッシュレス決済が広く受け入れられるようになってきた。
 そんな様々な要因もあって進む日本人の“現金離れ”。では、現金が不要となってきた世の中でどのような変化が私たちを待ち受けているのだろうか。

ミニ財布

ミニ財布

アマゾンで購入

キャッシュレス化で財布が消える? その兆候を反映させている、とあるトレンドとはのページです。オトナライフは、【マネーICカードQRコード決済キャッシュレス非接触型スマホ決済】の最新ニュースをいち早くお届けします。