「ちょっと待った!」マイナンバーカードとそのサービスの紐づけ、ほんとに大丈夫?

社会保険や税金業務の効率化を狙いに2016年導入された、すべての国民に12桁の番号を振り分ける「マイナンバー」制度。それに伴い現在、マイナンバーの有効活用先として、新たな身分証明書として作られ政府が広く流通を目指しているのが「マイナンバーカード」だ。
氏名に加えて生年月日や居住地のデータも紐づけることができるマイナンバーカード。その情報性の高さをプロモーションや広告活動に生かすことができないかと、現在新たなサービスの発表が続いている。その一つとして発表されたのが、JR東日本による交通系ICカードとマイナンバーカードの紐づけによる特典サービスだ。
個人情報を駆使して、消費者に的確なサービスや特典が用意されるという触れ込みは魅力的で便利だと感じる一方で、連動には思わぬ落とし穴も。今回はマイナンバーカードという個人情報の扱い方の注意点について迫っていく。

ピンポイントで特典を受けられる!それは魔法のサービスのようだが…?

交通系ICカードとマイナンバーカードの紐づけがスタート

 JR東日本とその系列会社であるJR東日本メカトロニクス、さらに一般社団法人ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構の3社は、交通系ICカードとマイナンバーカードを紐付けることによって特典を受けられるサービスを、群馬県前橋市の市民に向けて開始することを発表した。
 利用者が該当地域でICカードを利用するたび、居住地や年齢をマイナンバーの情報から読み取り、ニーズに合わせた的確な特典を受けることができるという。
 紐づけておくだけで、特典が受けられるという手軽さから、多くの人が「とりあえずは…」の気持ちでサービスの登録は進んでいくのではないだろうか。該当地域では、マイナンバーカード取得率の底上げを図る起爆剤としての役割も期待されている。

「ちょっと待った!」マイナンバーカードとそのサービスの紐づけ、ほんとに大丈夫?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフICカードキャッシュレスマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。