どうなる年末年始! コロナ禍で正月文化の「年賀状」が見直される?

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるい始めて、既に1年近くが経過した。あなたはこの期間中に帰省をしただろうか。東京などの都会では多くの感染者が出ていたこともあり、夏のお盆の季節には多くの地域が帰省の自粛を求めていたことは記憶に新しい。では、2020年の年末年始もただ帰省自粛を求めるだけだろうか。
今回は、ニュー・ノーマルでの盆と正月の姿にスポットライトを当てていく。

コロナで帰省が制限された世の中で

渋谷駅前のハチ公像もマスクをするほど、全国的に流行している

 現在では既に全国的に感染が広がっているコロナだが、夏場はまだコロナに対する過敏な反応もあり感染者への周囲の反応も厳しいものがあった。とくに都市部から移ってきた人の感染が発覚し周囲へと感染を広げた際には、テレビなどでもこぞって取り上げられ半ば“つるし上げ”のような状態になっていたことを覚えている読者もいることだろう。そのため各地域は感染拡大防止やつるし上げの防止を意識してか、お盆のような長期連休の前になると大学生など都市部に出ている人々に対して「今年は帰省を控えてほしい」と発信。“オンライン帰省”など新たなかたちのつながり方が生まれ、コロナ禍で広く浸透したニュー・ノーマルの存在感が強まった。

 そのため現在でも、毎年恒例だった実家への帰省が1年近く叶っていない人も多いはずだ。加えて現在は11月に入ってから、コロナの“第3波”が到来していると警鐘が鳴らされている。1ヶ月で完全に収まるとは考えづらく、年末年始の帰省も取りやめることになる可能性が高く、丸一年実家に顔を見せていない、といった状況に陥りかねない状況だ。そのせいもあって、帰省の代わりにお歳暮を贈る“帰省暮”という新たな提案も生まれだしている。

どうなる年末年始! コロナ禍で正月文化の「年賀状」が見直される?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフLINEニュー・ノーマル丑年富士フイルム年賀状】の最新ニュースをいち早くお届けします。