「車のサブスク」人気が止まらない? 所有ではなく利用がいい理由に“昔の文化”は消える

近年大流行している「サブスク」サービス。製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式であるサブスクリプションの略語であり、「月額課金」「定額制」という言葉でお馴染みのものである。あなたの周りでも、動画配信サービスや雑誌の定額制読み放題サービスなどのサブスクサービスを利用している人は好きなくないだろう。
今回は、破竹の勢いで拡大するサブスクと、それに対応する企業の動きも予想する。

車はもはや所有するものではない?

あなたは何のサブスクサービスを受けているだろうか

 カーリースの定額サービス「おトクにマイカー定額カルモくん」を運営するナイルは、全国の2,207人の男女を対象にサブスクに関するアンケート調査を実施。「所有ではなくサブスクでいいものは何か」という設問に対して、「動画配信」「音楽配信」「電子書籍」が続き、その後に「車」が続く形となったとのこと。サブスクで自動車を使用したいと答えた理由としては、「経済的」「月々の支出が一定額」など「維持費を抑えられるから」が55.6%にのぼった。

 近年日本では自動車の所有率が年々減っていく傾向にあり、“若者の車離れ”という言葉もしばらく前からよく聞かれるようになった。もし自ら所有せずにサブスクで利用できるのであれば、それが一番おトクであり経済的だという感覚が浸透し、若い世代を中心にマイカーへのこだわりが低下しているのも頷ける。マイカーでのデートに憧れを抱いた時代はもう“昔の文化”として消えてしまったのかもしれない。

「車のサブスク」人気が止まらない? 所有ではなく利用がいい理由に“昔の文化”は消えるのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフカーシェアリングカーリースサブスク】の最新ニュースをいち早くお届けします。