「Zoom」も「Google Meet」も解決不可能? テレワークの鍵・Web会議最大の弱点とは

スタンダードになるには…カギになるのは

自分のペースでどこからでも働ける、そんな時代は訪れるのか

 一方で、利点しかないシステムに見えるテレワークにも、離れて働くからこそ生まれるトラブルやストレスが発生していることも分かった。
 「リモートワークにおいて不満を感じるのはどのようなときか」という質問に「オンラインビデオ会議中に遅延や中断が起こるとき」と大部分の人が回答しており、“通信の障害”という対面業務時にはなかったストレスに多くの人が悩まされていることが分かった。会議のために用意してきた“とっておきのプレゼン”も回線ダウンで誰かが落ちてしまえば、「どこまで聞こえましたか?」と、発表はやり直し。せっかく用意してきたプレゼンもスムーズな発表とはいかなくなり、先方への印象は悪くなるかもしれない。また、ちょっとした通信のラグから発言のタイミングが被ってしまい、会議や打ち合わせ中に終始モヤモヤしたなんて経験はないだろうか。

 多くの識者が口をそろえて「生活様式はコロナ以前に戻ることはない」と語るように、テレワークは今後も社会に定着するとみられている。制度的にも多くの人が効率的だと感じており、以前から叫ばれていた“働き方改革”の前進にもつながっていくことだろう。だからこそ「オンラインならでは」の不満を如何に取り除くことができるかが、真の意味で新しい社会の働き方の基本として定着していくカギになるかもしれない。

参照元:ニューノーマルなワークスタイルへの変化【LimeLight NETWORKS

「Zoom」も「Google Meet」も解決不可能? テレワークの鍵・Web会議最大の弱点とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomテレワークビデオ会議在宅勤務通信の障害】の最新ニュースをいち早くお届けします。