【JRAジャパンカップ・オススメの買い方を無料公開!】初心者でも利用できる競馬攻略法!

この冬最大の一獲千金チャンス到来!

 新型コロナウイルスの第三波到来と連日騒がれているが、冬のボーナスの大幅カットや企業の倒産など、庶民の生活もなかなか厳しい状況にある。そんな中、一獲千金を狙ってロトや宝くじに期待する人も多いだろう。しかしそれらは完全な運任せであり、実際に高額払戻を手にできる可能性はごくわずか。また好況の日本株市場なども、ある程度の資金がなければ参加できないわけで、庶民にとっては現実的ではない。しかし最近は

「先週、あそこの情報で儲かった」

「知識も経験も不要。宝くじ1枚買うよりも資金は少なくていい」

 など意外な方法で副収入をゲットしている人が増えているという。そんな最新の副収入獲得手段であり、サイドビジネスとしても注目されているのが、競馬だ。

 競馬はギャンブルのマイナスイメージがあるかもしれないが、実は投資的にも注目されており、年間数百万円単位の利益を上げているという競馬ファンも少なくないという。そして競馬は様々なデータや情報が開示されており、ロトや宝くじのように運任せではなく、自力で的中を手繰り寄せることができるのもポイントだ。過去には馬券で数億円の利益をあげながら納税しなかった「馬券裁判」が話題にもなったが、本気で追及すればかなりの確率で勝つことができるという。

 また馬券は宝くじやロトよりも安く100円から買えるし、クレジットカードやネットバンキングもOK。当たれば即日換金が可能であり、レースの興奮と的中の感動は、日常生活にはない何かを感じさせてくれる。ただ初心者にはハードルが高いのも事実。専門用語や専門知識が多く、さらに競馬新聞は何が書いてあるのかわからないという人も多いだろう。そんな初心者にオススメなのが、プロの情報を活用する方法だ。

 今週はジャパンカップ(G1)というビッグレースが行われる。このレースは優勝賞金3億円というのも驚きだが、今年はJRA(日本中央競馬会)の歴史に残る3頭の実力馬が出走する。それがJRA初の芝G1レース8勝を達成したアーモンドアイ、史上3頭目となる無敗のクラシック三冠馬コントレイル、そしてJRA初無敗の牝馬三冠馬デアリングタクトだ。

ここが引退レースとなるアーモンドアイ

 現在マスコミも競馬ファンも、ジャパンカップとこの3頭の話題で持ち切りだが、それだけ歴史的な一戦であることは疑いようがない。おそらく今後数十年は見られない一戦だろう。それだけにこのレースは見るだけではなく、ぜひ馬券を買って競馬の醍醐味を体験してみたいもの。もちろんレースに出走するのはこの3頭だけではない。それだけに何を買えばいいのかわからないかもしれないが、ここは前述通りにプロの情報を参考にすればいい。ただし一般的に知られているスポーツ紙や競馬専門紙といった競馬マスコミは、コロナウイルスの感染防止対策で取材規制中であり、満足な取材活動ができていない状況にある。つまりこれらのマスコミを参考にするのは避けた方が賢明だ。

 そこでJRAによる取材規制の影響を受けず、現役の競馬関係者から直接本物の内部情報を知ることができるプロを活用することを推奨したい。今回注目したのは、競馬界のレジェンドと呼ばれる超大物競馬関係者が所属する、競馬情報のプロフェッショナル集団である「シンクタンク」だ。

 シンクタンクは国民的アイドルホースのハイセイコー主戦騎手を務めた増沢末夫元JRA騎手・調教師を筆頭に、元JRA調教師の平井雄二氏や元JRA騎手、そして馬主関係者など多くの競馬関係者が在籍する最強の競馬情報集団。彼らの実績はマスコミとは比較にならず、この秋もアーモンドアイが出走した天皇賞(秋)やスプリンターズステークスを的中させた他、秋競馬だけで20本の万馬券を的中。そして昨年12月も5戦連続G1レース的中、しかも有馬記念では3連単5万7860円という万馬券を仕留めるなど素晴らしい結果を残している。これは100円が5万円、1000円が57万円に化ける見事な万馬券だ。これらの実績から見ても、シンクタンクはまさに業界トップと呼べる存在である。そんな彼らはジャパンカップについて以下のように語っている。

平井雄二元JRA調教師などが所属

「今年のジャパンカップは、無敗の3冠馬2頭が顔を揃えるだけではなく、現役最強馬と目されるアーモンドアイの参戦が決まり、3冠馬3頭が激突するという前代未聞の頂上決戦が実現。世紀の一戦に向け、競馬界の盛り上がりも最高潮と言っても過言ではないでしょう。

 ですが、世間が喧伝するであろう“3強”で、必ずしも決まるとは限らないのが競馬です。早くからジャパンカップ参戦を視野に入れていたコントレイル、デアリングタクトに対し、アーモンドアイは12月の香港遠征が本線と考えられていました。

 では、なぜコチラに矛先を向けてきたのか?表向きには『コロナ禍のリスクを避けるため』『3歳の2頭を負かせば最強をアピールして引退できる』との理由が出ており、確かにそういった思惑もあるでしょう。しかし本当は重大な真実が隠されているからにほかなりません。この場でその詳細は公開できませんが、我々が掴んでいる『禁断のオフレコ情報』とも言っていい話が、ジャパンカップ的中のカギを握っていることはまず間違いありません。しかも、まさかの大波乱、そして高額払戻も夢ではないのです。

 今回多くの競馬ファンに、世紀の一戦を思う存分楽しんでもらうため、本物の関係者情報があることを知っていただくため、【ジャパンカップの無料情報を公開】するに至りました。競馬が良くわからなくても、この情報を活用するだけで大丈夫です。数百円とはいえ、わざわざスポーツ紙や競馬新聞を購入する必要はありません。このジャパンカップをきっかけに、競馬の素晴らしさと醍醐味を知っていただきたいと思います。ぜひこの無料情報を活用してください。(シンクタンク担当者)

 彼らの話からも、今年のジャパンカップはマスコミの報道通りとはならず、大波乱の可能性も秘めている。つまり一獲千金が期待できるレースなのだ。

 競馬の枠を超えて注目されているジャパンカップだが、シンクタンクが語っているように、今週は特別にジャパンカップの情報を【無料】で提供してくれるのである。こんなチャンスは二度とないだろう。この機会を逃すことなく【無料情報】を手に入れ、そしてジャパンカップで感動の払戻を手にしてもらいたい。

 そしてこのジャパンカップをきっかけに競馬に興味を持ったならば、さらにシンクタンクの存在は重要だ。というのも、今回の無料情報企画に参加すれば、来週以降も同様にG1レースの無料情報を提供してくれるからである。年末には日本中が注目する有馬記念も行われる。その大一番に向けても、シンクタンクの情報を使いこなせるようになれば完璧だろう。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!ジャパンカップ「絶対買うべき5頭」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

【JRAジャパンカップ・オススメの買い方を無料公開!】初心者でも利用できる競馬攻略法!のページです。オトナライフは、【マネーJRAアーモンドアイコントレイルジャパンカップデアリングタクト万馬券馬券裁判】の最新ニュースをいち早くお届けします。