郵便をパソコンから送れる、郵便局の「Webレター」って何?

アナタは郵便局の「Webレター」をご存じだろうか? これは、パソコンで作成したデータをアップロードするだけで、簡単に手紙が送れちゃう郵便局の便利なサービス。データをアップロードすると最短で翌日には配達されるので、わざわざポストに手紙を出さなくてもいいのだ。そこで今回は、あまり知られていないのに超便利な「Webレター」について解説しよう。

郵便局の「Webレター」は大量の手紙を出すときに便利!

(Image:webyubin.jpi.post.japanpost.jp)

 メールやLINEでの連絡が当たり前の現代でも、やはり手紙でないとダメな場合もある。でも「手書きで手紙を書いたり、切手を貼ってポストに入れるなんてアナログだよね〜」なんて思っているアナタ、実はパソコンから簡単に手紙を送れる「Webレター」というサービスがあるのをご存じだろうか?
「Webレター」は日本郵便のサービスで、実は2010年から実施されている。たとえば、文面はWordやPDFなどのデータをアップロードして、差出人と宛て先を入力するだけでOK。あとは、日本郵便が文面と宛名の印刷、封筒詰め、切手貼り付け、配達まですべて行ってくれるのだ。しかも、値段は白黒で1通99円、カラーは1通146円とリーズナブル。通常の封書が84円なので割高に感じるかもしれないが、印刷、封入、あて名書き、封筒代などを考慮すれば、むしろ安いと感じるだろう。まして、ビジネスで100通を超えるような大量の手紙を発送するような場合は、かなりコスト削減になる。
「Webレター」を利用するには「Webゆうびん」の会員登録をする必要があるので、まずは→こちらで申し込みをしよう。

(Image:webyubin.jpi.post.japanpost.jp)

「Webレター」サービスを利用するには、まず「Webゆうびん」に会員登録する必要がある。メルアドとパスワードを登録して「次へ進む」を押す

(Image:webyubin.jpi.post.japanpost.jp)

次に本登録しよう。法人が前提なので法人区分などの項目もあるが、個人でも登録可能だ。氏名、住所、電話番号などを入力していく

(Image:webyubin.jpi.post.japanpost.jp)

決済方法はクレジットカードや料金後納が選べる。ただし、料金後納は新東京郵便局で料金後納の承認を受けている必要があるので、個人ならクレカを選択すればいい

郵便をパソコンから送れる、郵便局の「Webレター」って何?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフWebレター日本郵便郵便郵便局】の最新ニュースをいち早くお届けします。